NEW

JRA中山金杯(G3)M.デムーロ「1鞍入魂」は危険!? 「僕は乗る馬がいなくて……」完璧代打から1年、ダーリントンホールに潜む罠

JRA中山金杯(G3)M.デムーロ「1鞍入魂」は危険!? 「僕は乗る馬がいなくて……」完璧代打から1年、ダーリントンホールに潜む罠の画像1

 5日、中山競馬場で中山金杯(G3)が開催される。ダーリントンホール(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)が約7か月ぶりの実戦復帰となる。

 昨年の共同通信杯(G3)を制したダーリントンホール。皐月賞(G1)で6番人気、日本ダービー(G1)で5番人気に支持されるも、それぞれ6着、13着に終わった。G1の壁に跳ね返される結果となったが、中山金杯は古馬となって仕切り直しの一戦。成長した姿を見せられるかがカギとなりそうだ。

 鞍上はコンビ3戦目となるM.デムーロ騎手。年末に行われた東京大賞典(G1)をオメガパフュームで制しており、年を越しても勢いそのままに重賞制覇することに期待がかかる。

 昨年の中山金杯は落馬負傷した三浦皇成騎手に替わり、急遽トリオンフの手綱を取って優勝。その際、デムーロ騎手は「僕は乗る馬がいなくて、須貝(尚介)先生に『乗ってほしい』と言われてうれしかった」と喜びを語った。

 東京大賞典の優勝から中山金杯に騎乗するのは、昨年と同じだ。2連覇に向けて、いい流れでレースに臨めると言えるだろう。

 さらに、当日のデムーロ騎手は「1鞍入魂」となる。昨年、11月28日の阪神8Rでは1鞍入魂となる小牧太騎手が10番人気アサカディスタンスを優勝に導いた。このように、1レースに集中することができる効果は大きそうだ。

 だが、デムーロ騎手の1鞍入魂は必ずしもプラスとならないかもしれない。

 昨年、1日の乗鞍が1回だったことが3度あり、その成績は以下の通りだ。

6月6日 鳴尾記念(G3) ラヴズオンリーユー 2着(1番人気)
6月27日 アハルテケS(OP) サンチェサピーク 7着(3番人気)
12月5日 葉牡丹賞(1勝クラス) エスコバル 10着(2番人気)

 すべて人気以下の着順に敗れており、ラヴズオンリーユーに至っては単勝1.8倍を裏切ってしまっている。これはダーリントンホールにとって不安要素となるだろう。

 また、デムーロ騎手自身に対する不安の声も聞こえてくる。

「デムーロ騎手がJRAの通年免許を取得した2015年以降で、1日1鞍という日が発生したのは昨年が初めてです。エージェントが騎乗馬を選んでいるという話もありますが、騎乗依頼が減っているのは間違いありません。

意図的に1鞍に絞った可能性もありますが、ルメール騎手不在の中山開催で乗り馬が集まらないのは深刻ですね。JRAのレースでは昨年の12月が未勝利に終わっていることも影響しているかもしれません。

東京大賞典にしても、圧倒的1番人気オメガパフュームで辛勝ということを考えれば、調子がいいわけではなさそうですね」(競馬記者)

 昨年はJRA通年免許取得後、ワーストとなる年間65勝に終わったデムーロ騎手。2019年に記録した91勝を大きく下回る屈辱的な1年となってしまった。

 今年は1鞍入魂の中山金杯で結果を残し、デムーロ騎手の状況が好転することに期待したい。

JRA中山金杯(G3)M.デムーロ「1鞍入魂」は危険!? 「僕は乗る馬がいなくて……」完璧代打から1年、ダーリントンホールに潜む罠のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!