NEW

JRAアーモンドアイらG1馬を多数輩出!出世レースは「ノーザンF」期待の良血ククナ&レゾンドゥスリールVS「実績上位」バスラットレオン【シンザン記念(G3)展望】

【この記事のキーワード】, ,

JRAアーモンドアイらG1馬を多数輩出!出世レースは「ノーザンF」期待の良血ククナ&レゾンドゥスリールVS「実績上位」バスラットレオン【シンザン記念(G3)展望】の画像1

 2021年、最初の3歳重賞は第55回シンザン記念(G3)だ。今年は、レース史上初めて中京競馬場で開催される。

 過去10年の勝ち馬にはジェンティルドンナ、ミッキーアイル、アーモンドアイという3頭のG1馬がいる。さらに2着以下からもオルフェーヴル、マルセリーナ、ジュエラー、アルアインなどが後にG1を制覇。特に牝馬にとってはクラシックへの登竜門といっていいレースである。

 今年もクラシックを見据える牝馬が出走を予定している。ノーザンファームが大きな期待をかける良血のククナ(牝3歳、美浦・栗田徹厩舎)だ。

 8月の札幌で未勝利戦を勝ち上がると、アルテミスS(G3)に挑戦。ソダシに次ぐ2番人気に支持され、先行馬有利の展開を跳ね返し、直線追い込んで2着に好走した。ソダシには0秒3差つけられたが、鞍上を務めたC.ルメール騎手は「良い瞬発力がありますし、次は楽しみです」と振り返った。

 血統的にもクラシック向きだ。母クルミナルは現役時代に新馬戦、エルフィンSを連勝。チューリップ賞は大敗したが、桜花賞2着、オークス3着と善戦した。母がなし得なかった牝馬クラシック制覇に向けて、牡馬相手でも負けられない。

 ノーザンファームが送り込む牡馬の代表格がレゾンドゥスリール(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 すでに重賞2着の実績を誇るククナに対して、こちらはまだ新馬戦を勝ったばかり。それでもデビュー戦に騎乗した川田将雅騎手からは「これからの成長が楽しみな馬」と期待の言葉が飛び出した。ポテンシャルは一級品だ。

 11月の新馬戦は、前半38秒0の超スローペースのなか3番手を追走。直線残り200mを切ったところで先頭に躍り出て、そのまま後続馬の追撃をしのぎ切った。

 もちろん血統背景もククナに負けていない。レゾンドゥスリールの母は12年の阪神JFを制したローブティサージュ。3歳時は不振に陥り、クラシックで結果を残せなかったが、古馬になってから1200mのキーンランドC(G3)を勝つなどスピードを武器に5歳秋まで活躍した。

 良血ノーザンファーム生産馬2頭に対抗するのは、朝日杯FS(G1)4着のバスラットレオン(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 デビューからすでに4走し、安定感ある先行力で好走を続けてきた。前走は3着のレッドベルオーブと半馬身差。3走前の札幌2歳S(G3)では、ソダシと0秒3差。ククナと対等の力を持っていると見るべきだろう。

 2走前のラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)から2戦連続で中2週というローテーションはやや気になるが、レース間隔を詰めて結果を出している矢作厩舎ならむしろプラスか。春の大舞台へ向けて、賞金加算を狙う。

JRAアーモンドアイらG1馬を多数輩出!出世レースは「ノーザンF」期待の良血ククナ&レゾンドゥスリールVS「実績上位」バスラットレオン【シンザン記念(G3)展望】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配