NEW

JRAソダシ&サトノレイナスと“接戦”テンハッピーローズが中心も……トリオンフの半妹クールキャットにオークス2着馬の孫娘も登場【フェアリーS(G3)展望】

JRAソダシ&サトノレイナスと接戦テンハッピーローズが中心も……トリオンフの半妹クールキャットにオークス2着馬の孫娘も登場【フェアリーS(G3)展望】の画像1

 11日(月)、中山競馬場では3歳牝馬戦線最初の重賞となる、フェアリーS(G3)が開催される。昨年は後に桜花賞(G1)で3着に好走したスマイルカナが優勝。今年も牝馬クラシックを賑わせる馬は登場するだろうか。

 実績面で頭一つ抜けているのはテンハッピーローズ(牝3歳、栗東・高柳大輔厩舎)だ。

 前走のアルテミスS(G3)では、白毛馬ソダシから0秒4差の3着に好走。2走前のサフラン賞(1勝クラス)でもサトノレイナスから0秒2差と牝馬の一線級相手に健闘しており、その実力は証明済みだ。

 新馬戦の勝利が1200mだったように、将来的には1200~1400mが主戦場になるかもしれないが、これまで騎乗した2人は「しっかりしてきたら化けるかも」(2走前・福永祐一騎手)。「これからの馬」(前走・田辺裕信騎手)とそれぞれ将来性の高さを口にしており、本格化はまだ先だろう。

 それでも戦歴から、相手が一枚劣るここでは好勝負必至。開業4年目の高柳大厩舎に重賞初勝利を届けられるだろうか。

 アルテミスSでテンハッピーローズから0秒2差の5着だったのがクールキャット(牝3歳、美浦・奥村武厩舎)だ。半兄には、古馬になってから重賞を3勝したトリオンフがいて、こちらも先々が楽しみな馬。

 デビューは6月の東京芝1400m。この一戦で、中団から上がり最速タイの末脚を繰り出し優勝。レース後にはC.ルメール騎手も「1600mでも大丈夫でしょう」と距離延長を歓迎していた。

 2戦目の前走は、5着に敗れたが、騎乗した津村明秀騎手は「スタミナがありますし、ゴールを過ぎても伸びています。今日はマイルでしたが、2000mに延びても良さそうです」とコメントしたように適性距離はもう少し長めかもしれない。

 開業8年目の奥村厩舎は、17年に重賞初制覇をこのフェアリーS(ライジングリーズン)で飾っている。重賞2勝目も同じレースで挙げることになるか。

 祖母がオークス2着馬のベッラレイアというベッラノーヴァ(牝3歳、美浦・金成貴史厩舎)にも注目したい。

 母のベッラレジーナもトライアル2着を経て、オークスに出走(結果は10着)。その初仔がベッラノーヴァだ。

 デビューは10月の東京芝1400m。重馬場で、スローペースで流れるなか、中団の外を追走。前残りの展開をものともせず、直線で豪快に差し切った。

 400kgを切る小柄な馬体だが、重馬場を苦にしなかったパワフルな走りは将来性を感じさせた。3世代続けてのオークス出走へ、賞金加算を目論む。

JRAソダシ&サトノレイナスと“接戦”テンハッピーローズが中心も……トリオンフの半妹クールキャットにオークス2着馬の孫娘も登場【フェアリーS(G3)展望】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合