NEW

JRA「大激戦」武豊VS福永祐一! 京都金杯(G3)で激突も…… 待っていたのは衝撃の結末

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「大激戦」武豊VS福永祐一! 京都金杯(G3)で激突も…… 待っていたのは衝撃の結末の画像1

 年も変わり、注目の初日となった中央競馬。京都競馬場改修の関係で今年の京都金杯(G3)は中京開催となった。

 好調ぶりを見せたのは武豊騎手と福永騎手のベテラン2人だ。

 2Rの未勝利戦で武豊騎手が初勝利を挙げると、3Rの未勝利戦は福永祐一騎手が勝利して並んだ。すると今度は4R(1勝クラス)で武豊騎手が勝ってリード。これに負けじと福永騎手も5Rの新馬戦を勝利してそれぞれ2勝を挙げるデッドヒートを繰り広げた。

 10R万葉S(OP)は武豊騎手が前走で手綱を取ったアンティシペイトに福永騎手が騎乗するも4着。その後はどちらも未勝利のまま迎えたメインレース・京都金杯に持ち越された。

 武豊騎手のシュリは1番人気の支持を受け、対する福永騎手は2番人気ピースワンパラディでレースに挑んだ。重賞でそれぞれが有力馬に騎乗したこともあり、両名の白熱した戦いの舞台としては申し分ない状況が用意されたといえるだろう。

 だが、そんな2人を待っていたのは衝撃的ともいえる結末だった。

 武豊騎手のシュリは16頭立てのレースを5番手の好位から進めるも直線は伸びを欠き5着。同じような位置で外目を追走した福永騎手のピースワンパラディも、よく伸びたものの、勝ち馬を捉え切れずに2着に敗れた。

 勝ったケイデンスコールは12番人気の超人気薄。人気を分け合った2頭が敗れたこともあり、3連単は122万8010円という大万馬券を演出する立役者となってしまった。

 メインレースは残念な結果に終わったが、決戦の舞台はいよいよ最終12Rが残されていた。

 武騎手が騎乗した1番人気リレーションシップが鮮やかな勝利を決めると、2着に福永騎手の6番人気カヌメラビーチが入ってワンツーフィニッシュ。この日好調だった2人の決着は武騎手が【3.1.0.4/7】、福永騎手が【2.2.0.5/9】に終わり、3勝を挙げた武豊騎手の勝利となった。

 福永騎手との決戦を制し、3勝を挙げた武騎手は、新年初日の開催でリーディングトップに立った。とはいえ、同じく3勝で並んだ松山弘平騎手がしっかりと中山金杯を勝利したことを考えると、物足りなさが残った1日だったかもしれない。

JRA「大激戦」武豊VS福永祐一! 京都金杯(G3)で激突も…… 待っていたのは衝撃の結末のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!