NEW

JRAコントレイル世代に「緊急事態宣言」!? クラシック好走馬「惨敗」で、4歳低レベル説が再燃。頼みの綱は2週間後のアノ馬たちか

JRAコントレイル世代に「緊急事態宣言」!? クラシック好走馬「惨敗」で、4歳低レベル説が再燃。頼みの綱は2週間後のアノ馬たちかの画像1

 5日、JRAは今週末に中山競馬場で行われる3日間開催(9、10、11日)を無観客競馬とすることを発表した。また、関東圏のウインズ等についても発売は取りやめとなる。

 JRAは「首都圏での新型コロナウイルス感染症の感染状況等を踏まえ」という理由を発表しているように、猛威を振るう新型コロナウイルスが大きく影響しているようだ。

 政府は首都圏の1都3県を対象に「緊急事態宣言」を7日に出す方針を明らかにしており、感染拡大防止のためにはやむを得ない対応と言えるだろう。

 その一方、5日の競馬開催はコントレイル世代にとって緊急事態とも言える結果となった。

 中京10Rの万葉S(OP)には2頭の4歳馬が出走。ブラックホールは菊花賞(G1)で5着に入った実績から1番人気の支持を集めた。アンティシペイトは抽選除外の憂き目に遭って菊花賞の出走は叶わなかったが、世代屈指の期待馬である。それに加えて53キロの軽ハンデが魅力だったことから2番人気に推された。

 オープンクラスで不甲斐ない走りを見せられないはずの2頭だったが、アンティシペイトが4着、ブラックホールは8着に惨敗。距離適性は問題ないと思われていただけに、この敗戦は世代レベルを疑問視されかねない結果となった。

 さらに、中山金杯(G3)には日本ダービー(G1)で5着、菊花賞で4着のディープボンドが出走するも、まさかの14着。クラシックで好走した馬だけに、G3で大敗するというのは予想外の事態である。他にも共同通信杯(G3)の勝ち馬ダーリントンホールが最下位の17着に敗れた。

 唯一の救いとなるのが、ココロノトウダイが2着に好走していることだ。しかし、53キロの軽ハンデを活かしての好走という見方ができるため、世代の低レベル説を覆すものとは言い難いだろう。

「有馬記念(G1)ではバビットが13着、オーソリティが14着に惨敗しました。3歳馬が掲示板を外したのは12年ぶりの出来事です。また、エリザベス女王杯(G1)でも3歳馬はすべて馬券圏外だったということで、世代レベルの低さが囁かれ始めました。

世紀の一戦・ジャパンC(G1)で結果を残していることから、コントレイルとデアリングタクトの評価を下げる必要はありません。ただ、今日の結果を見るとやはり弱い世代と言われても仕方ないかもしれませんね。

3冠馬が出る年は世代レベルが低いと言われますが、現4歳世代もそれに該当するかもしれませんね」(競馬記者)

 意地を見せることが期待されるのが、菊花賞で2着のアリストテレス、3着のサトノフラッグだろう。この2頭は24日のAJCC(G2)に出走を予定しているため、ここで結果を出しておきたいところだ。

 もし、2頭とも凡走するようなことがあれば、4歳低レベル説は揺るぎないものとなってしまうかもしれない……。

JRAコントレイル世代に「緊急事態宣言」!? クラシック好走馬「惨敗」で、4歳低レベル説が再燃。頼みの綱は2週間後のアノ馬たちかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは