NEW

JRA朝日杯FS(G1)「不要説」再燃!? “本領発揮”ホープフルSに完敗、マル外ダービー「消滅」の二の舞か……。転機となった3年前の逆転劇

JRA朝日杯FS(G1)「不要説」再燃!? 本領発揮ホープフルSに完敗、マル外ダービー「消滅」の二の舞か……。転機となった3年前の逆転劇の画像3

 19年もサリオス、コントレイルがともに無敗でG1を制するも、最優秀2歳牡馬に輝いたのはホープフルSの勝ち馬コントレイルだった。票数も197対77の圧勝。これはクラシックを勝ったサートゥルナーリアの功績が大きかったはずだ。

 そして、コントレイルが3冠を達成したことにより、結果的にも朝日杯FSよりホープフルSの方がクラシックに直結する後押しになった。

「朝日杯FSより出世馬が多いというのは、ホープフルSの前身であるラジオNIKKEI賞、ラジオたんぱ杯の頃から言われてきました。これがG1昇格したことでより色濃くなってきましたね。

かつてマル外ダービーと言われたNHKマイルCも、日本ダービー(G1)が外国産馬に解放されたことで微妙な位置づけとなっています。朝日杯FSも唯一の混合2歳G1でしたが、ホープフルSのG1昇格により劣勢に立たされて来ましたね。今後、最優秀2歳牡馬はホープフルSの勝ち馬が受賞する流れが続くのではないでしょうか」(同)

 これはあくまでも一つの指標であるが、今年のホープフルSには無敗馬が5頭出走したのに対して、朝日杯FSは3頭だった。クラシックを狙う馬はホープフルSを試金石の一戦として使っているという見方も出来るだろう。

 今年、最優秀2歳牡馬に輝いたダノンザキッドがクラシックを戴冠すれば、ホープフルS優位の時代がまだまだ続くことになりそうだ。

JRA朝日杯FS(G1)「不要説」再燃!? “本領発揮”ホープフルSに完敗、マル外ダービー「消滅」の二の舞か……。転機となった3年前の逆転劇のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!