NEW

JRA須貝尚介厩舎「3本目の矢」はサリオス級? シンザン記念(G3)“ロケットスタート”厩舎が送り込むレゾンドゥスリールに数々の共通点

【この記事のキーワード】

, ,

JRA須貝尚介厩舎「3本目の矢」はサリオス級? シンザン記念(G3)ロケットスタート厩舎が送り込むレゾンドゥスリールに数々の共通点の画像1

 10日、中京競馬場で開催されるシンザン記念(G3)に、昨年から絶好調の須貝尚介厩舎が期待馬を送り込む。

 それがデビュー2戦目で出世レースに臨むレゾンドゥスリール(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。開業4年目の2012年にゴールドシップでG1初制覇を飾った須貝厩舎。その後もジャスタウェイやアドマイヤリードなどのG1馬を育て上げ、あっという間にエリート調教師の仲間入りを果たした。

 ノーザンファームからも多くの有力馬を預かり、その手腕に対する評価も高い。特に昨年夏以降はとんとん拍子で重賞を勝ち、須貝厩舎には勢いを感じる。

 その立役者だったのがレゾンドゥスリールと同じ3歳世代の白毛馬ソダシだ。札幌2歳S(G3)とアルテミスS(G3)を快勝し、勢いそのままに阪神JF(G1)も勝利。須貝厩舎の年間重賞7勝のうち3勝を僅か4か月間で挙げた。

 また、同世代牡馬のステラヴェローチェもサウジアラビアRC(G3)を制覇。続く朝日杯FS(G1)でも2着に好走し、春のクラシックに名乗りを上げている。もしレゾンドゥスリールが結果を出せば、須貝厩舎にとってクラシック候補生は3頭目となる。

JRA須貝尚介厩舎「3本目の矢」はサリオス級? シンザン記念(G3)ロケットスタート厩舎が送り込むレゾンドゥスリールに数々の共通点の画像2

 デビュー2戦目での重賞挑戦にも陣営の期待の高さが表れている。注目したいのは、サリオスを想起させるそのプロフィールだ。サリオスとレゾンドゥスリールはもちろん年齢は1つ違う。しかし、ともに1月の早生まれで、父がハーツクライ、生産者はノーザンファーム。そして、シルクレーシングから総額7000万円(1口14万円)という全く同じ価格で募集されており、デビュー前の期待値は“同じくらい”といえるだろう。

 デビュー戦のレースぶりにも似た部分があった。サリオスは2歳6月という早いデビューだったのに対し、レゾンドゥスリールは11月とやや遅め。しかし、前半38秒台というスローペースのなか、上がり最速(レゾンドゥスリールは1位タイ)の末脚を繰り出し、勝ち上がった点は共通している。

 サリオスは、デビュー2戦目のサウジアラビアRC(G3)を2歳コースレコードで駆け抜け、続く朝日杯FSで3連勝を飾った。レゾンドゥスリールも、デビュー2戦目で重賞に挑戦する。

 レゾンドゥスリールは7日の最終追い切りで、僚馬に後れを取るなどまだ証明することは少なくない。ただ重賞で好走してきたククナやバスラットレオンをまとめて破れば、一躍クラシックに名乗りを上げることになる。

 須貝厩舎は、5日の金杯デーに3頭を送り込み、すべて馬券圏内の「1-1-1-0」という好スタートを切った。レゾンドゥスリールは昨年から続く厩舎のいい流れに乗ることはできるか。ソダシ、ステラヴェローチェに続く3歳世代“3本目の矢”がいよいよ放たれる。

JRA須貝尚介厩舎「3本目の矢」はサリオス級? シンザン記念(G3)“ロケットスタート”厩舎が送り込むレゾンドゥスリールに数々の共通点のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!