NEW

JRA武豊VS識者「菊花賞」論争再び!? デアリングタクトVSレイパパレ「初対決」は?「鞍上問題」ルメール嬉しい悲鳴! 新登場「女性騎手2人」 屈辱の「迷実況」から29年【週末GJ人気記事総まとめ】

【この記事のキーワード】

, ,

 さまざまなGORAKUを心から愛する「GJ」。今週人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

■JRAコントレイルを追い詰めたアリストテレスに「鞍上」問題……天皇賞・春(G1)フィエールマン出走なら「20年で1度」の奇跡を起こしたベテラン騎手が急浮上!?

ライター「A」:遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

デスク「Y」:あけおめ~、ことよろ~~~!! えぇっ!? 東西金杯の結果だって? ザンパイ~~~~(IKKO風)。

ライター「A」:新年早々から飛ばしすぎですよ。さて、始めましょう。今年はまず、「鞍上」問題の記事がトップにランクインしました。

デスク「Y」:今年もルメール騎手を巡って熾烈な争いが繰り広げられそう。『モテて、モテて、困っちゃう~』って、嬉しい悲鳴が聞こえてきそうだネ。

ライター「A」:ただフィエールマンが電撃引退(※該当記事)したので、一部はなし崩し的に解決。アリストテレスはルメール騎手でAJCCに向かうことも発表されているので、彼のお眼鏡に叶えば、このままお手馬の1頭になるかもしれません。

デスク「Y」:天皇賞・春を狙っているだろうアリストテレス陣営に追い風が吹いた!

ライター「A」:長距離戦だけではなく、このコンビでほかのG1にも挑戦して、コントレイルにリベンジしてほしいですね。

デスク「Y」:明け4歳勢が激アツ!!!

JRA武豊VS識者「菊花賞」論争再び!? デアリングタクトVSレイパパレ「初対決」は?「鞍上問題」ルメール嬉しい悲鳴! 新登場「女性騎手2人」 屈辱の「迷実況」から29年【週末GJ人気記事総まとめ】の画像3

■JRA武豊VS識者論争再び!? 菊花賞は「3000m」の必要があるのか?「理由がない限り出ないレース」コントレイルがジャパンCで敗れた「1000mの差」

ライター「A」:またしても菊花賞の「距離短縮論」が注目を集めました。

デスク「Y」:いろんな距離のレースがあっていいと思うけどね。そこでしか輝けない馬もいるんだから。

ライター「A」:ただ2007年以降、ダービー馬が菊花賞に出走したのはわずか3頭。それを考えると議論の余地はあると思います。

デスク「Y」:菊花賞は長丁場だからなぁ。各陣営が「消耗度」を気にして、回避する気持ちもわからないではない。

 ってことで、もういっそのこと、休憩を挟めばいいんじゃないの? 第1Rで1600m走って、12Rで残りを走るの。両方のタイムの合計が、一番早い馬が総合優勝。見事、菊花賞馬に。

ライター「A」:いいわけないでしょ!!

JRA武豊VS識者「菊花賞」論争再び!? デアリングタクトVSレイパパレ「初対決」は?「鞍上問題」ルメール嬉しい悲鳴! 新登場「女性騎手2人」 屈辱の「迷実況」から29年【週末GJ人気記事総まとめ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!