NEW

JRAフェアリーS(G3)テンハッピーローズ「単勝1.5倍裏切り」福永祐一が懸念材料!? 「2走前」と「9年前」に共通する“失敗”とは……

JRAフェアリーS(G3)テンハッピーローズ「単勝1.5倍裏切り」福永祐一が懸念材料!? 「2走前」と「9年前」に共通する失敗とは……の画像1

 昨年、コントレイルとのコンビで牡馬クラシック三冠を制覇した福永祐一騎手。いまや押しも押されもせぬJRA屈指のジョッキーであることに疑いの余地はない。

 5日の京都金杯(G3)では、2番人気のピースワンパラディに騎乗。勝ったケイデンスコールに足をすくわれる形となったが、ライバルと目されたシュリをうまく内に閉じ込め、2着を確保した。

 3日間開催の今週末は、重賞2鞍に騎乗する。10日のシンザン記念(G3)でピクシーナイト、11日のフェアリーS(G3)ではテンハッピーローズ(牝3歳、栗東・高柳大輔厩舎)で今年初重賞Vを狙う。

 勝利に近いのは後者の方だろう。夏の小倉で新馬戦を快勝後、2戦目のサフラン賞(1勝クラス)では、サトノレイナスと0秒2差の2着に好走。続くアルテミスS(G3)は、田辺裕信騎手が騎乗し、ソダシ、ククナに次ぐ3着に食い込んだ。

 フェアリーSに出走予定の16頭の中で、重賞3着以内の実績があるのはテンハッピーローズだけ。戦ってきた相手関係を考えても頭一つ抜けた存在といえるだろう。ただし、今回と同じトリッキーな中山芝1600mで行われた2走前の福永騎手の手綱さばきを振り返っておかなければならない。

 この時は11頭立ての大外11番枠からの発走だったテンハッピーローズ。五分のスタートを切ったが、行き脚がつかず、後方から3~4番手の位置取りでレースを進めた。このとき終始、テンハッピーローズの後ろをマークするように進んでいたのが勝ったサトノレイナスだった。

 勝負を分けたのは2頭の4角でのコース取り。テンハッピーローズが4角で大外をぶん回したのに対し、直後にいたサトノレイナスはC.ルメール騎手が一瞬空いたスペースに潜り込み、2頭分内に進路を取った。その数秒後、直線を向いた時にはサトノレイナスがテンハッピーローズの2馬身前にいるというまさにルメール騎手の“神騎乗”だった。

「もし2頭の4角のコース取りが逆なら、もっと際どい勝負になっていたでしょう。逆転まであったかもしれません。福永騎手といえば、年末の阪神C(G2)でもインディチャンプに騎乗し、大外をぶん回し、圧倒的な単勝1.5の一番人気を裏切っています。

また、フェアリーSでも9年前(2012年)に1番人気のオメガハートランドに騎乗。終始外を回され、『クビ+ハナ+ハナ』の4着に敗れた苦い経験があります。福永騎手が人気を背負って負けるパターンは直線で前が壁になるシーンも目立ちますが、最近は大外ぶん回しで差し届かないという場面が意外と多いかもしれません」(競馬誌ライター)

 フルゲート16頭がそろった一戦で、福永騎手とテンハッピーローズはどのような競馬を見せてくれるだろうか。

JRAフェアリーS(G3)テンハッピーローズ「単勝1.5倍裏切り」福永祐一が懸念材料!? 「2走前」と「9年前」に共通する“失敗”とは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!