NEW

JRA藤田菜七子「うまく乗れませんでした……」も衝撃の末脚で殿一気! 父ドゥラメンテを彷彿「狂気の怪物」で見えた悲願のG1制覇

【この記事のキーワード】

, ,

JRA藤田菜七子「うまく乗れませんでした……」も衝撃の末脚で殿一気! 父ドゥラメンテを彷彿「狂気の怪物」で見えた悲願のG1制覇の画像1

 中山競馬場に衝撃が走った――。

 9日、中山競馬場で行われた5Rの新馬戦は、2番人気のレッジャードロ(牝3歳、美浦・戸田博文厩舎)が優勝。殿一気の末脚にファンもどよめいた。

 鞍上は藤田菜七子騎手で、同馬を管理する戸田博文調教師とともに、2021年の初勝利を飾った。

 レースは16頭立ての芝1600m戦。最内の1番人気、ベルピエースが積極的にハナを奪ったのに対し、レッジャードロはスタートで顔を上げる形となり最後方からの競馬となった。

 レースは淡々と進み、3~4コーナーにかけて外から進出を開始したレッジャードロ。4コーナーでは、逸走するかの勢いで一気に大外へ持ち出した。

 直線に入ってもその勢いは衰えず、内にモタれながらも全馬を抜き去り1着でゴール。逃げて2着に粘ったベルピエースとは半馬身差の決着だったが、着差以上のインパクトを与えるレースだった。

 勝ち時計は1.35.6で、レッジャードロの上がり3ハロンは33.9秒。上がり2位のインディペンデントが35.3秒だったことを考えれば、破格の数字だったといえるだろう。

 また、5日に同コースで行われた3歳のジュニアC(L)の走破タイムが1.36.0。勝ち馬ヴェイルネビュラの上がり3ハロンが34.9秒で、タイム面ではリステッド競走を大きく上回ったことになる。

 レース後、鞍上の藤田騎手は「本当にいい脚で伸びてくれました。抜けて物見をしていたくらいで、まだ余裕がありました」とコメント。あの勝ちっぷりで、まだ余裕があるというのだから、末恐ろしい馬が出てきた印象だ。

「とんでもない末脚でした。スタートで出遅れたときは『終わった……』と思いましたが、4コーナーからの手応えが他馬とは違いました。藤田騎手が『ゲート入りを嫌がったり、直線では内にモタれたりと課題はあります』と話した通り、気性面に多少問題はありそうですが、それこそ父のドゥラメンテを彷彿とさせますね。

ドゥラメンテ産駒にはホープフルS(G1)で4着と健闘したタイトルホルダーなどの期待馬も多くいますが、ついに『狂気の怪物』が現れたかもしれません。まだ新馬戦を勝ったばかりですが、レッジャードロにはそれぐらいの可能性を感じさせられますね」(競馬記者)

「うまく乗れませんでしたが、今日は能力の高さで勝たせてもらいました」

 最後に、そう振り返った藤田騎手。今後も継続騎乗が叶うようなら、悲願の「G1制覇」にも手が届くかもしれない。

JRA藤田菜七子「うまく乗れませんでした……」も衝撃の末脚で殿一気! 父ドゥラメンテを彷彿「狂気の怪物」で見えた悲願のG1制覇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!