GJ > 競馬ニュース > 京成杯(G3)展望  > 2ページ目
NEW

JRAダノンザキッドに迫ったプラチナトレジャーVSレシステンシア半弟グラティアス!桜花賞馬の仔ら血統馬も虎視眈々【京成杯(G3)展望】

【この記事のキーワード】

, ,

 タイソウ(牡3歳、栗東・西園正都厩舎)も同じくデビュー2連勝を狙える素質の持ち主だ。

 こちらは12月の阪神芝2000mでデビュー。2番手追走から上がり最速の末脚を繰り出し、2着馬を3馬身突き放した。

 その勝ちっぷりには、管理する西園調教師も「うまくいけば(自身が手掛けた12年マイルCS勝ちのサダム)パテックくらい走る」と自信を隠さず。19年の北海道セプテンバーセールにて、わずか648万円で落札されたタイソウが“2億超”のグラティアスらをまとめて負かすところは見られるか。

 注目の血統馬も出走を予定している。母が06年の桜花賞馬キストゥヘヴンというタイムトゥヘヴン(牡3歳、美浦・戸田博文厩舎)。母に15年のマーメイドSを制したシャトーブランシュを持つヴァイスメテオール(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)。そして、近親にアドマイヤジュピタ、アドマイヤメインなどがいるテンバガー(牡3歳、栗東・藤岡健一厩舎)も勝機をうかがう。

 自己条件の若竹賞(1勝クラス)と両睨みながら、前走の未勝利戦を6馬身差で圧勝した牝馬のスウィートブルーム(牝3歳、美浦・和田雄二厩舎)も登録を予定している。

 ダノンザキッドに迫ったプラチナトレジャーがキャリア1戦の馬たちを蹴散らすのか。それとも血統馬の台頭はあるか。注目のレースは17日の15時45分に発走予定となっている。

JRAダノンザキッドに迫ったプラチナトレジャーVSレシステンシア半弟グラティアス!桜花賞馬の仔ら血統馬も虎視眈々【京成杯(G3)展望】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!