NEW

JRA武豊も首を捻った「ぶっちぎり」最下位から約10カ月……淀短距離S(L)2番人気アイラブテーラー「因縁の中京」でまたも悪夢

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊も首を捻った「ぶっちぎり」最下位から約10カ月……淀短距離S(L)2番人気アイラブテーラー「因縁の中京」でまたも悪夢の画像1

 苦い記憶が蘇ってしまったのだろうか……。

 9日、中京競馬場で行われた淀短距離S(L)は、3番人気のトゥラヴェスーラ(牡6歳、栗東・高橋康之厩舎)が優勝。最後の直線で前が塞がれる不利を跳ね返し、春の大目標・高松宮記念(G1)へ大きな弾みをつけた。

 一方、まったくレースに参加できないまま終わってしまったのが、2番人気に支持されたアイラブテーラー(牝5歳、栗東・河内洋厩舎)だ。

 16頭立て芝1200mのレースだったが、この日のアイラブテーラーにとって、そんなことは大きな問題ではなかった。何故ならスタートする直前にゲート内で暴れ、致命的な出遅れをしてしまったからだ。

「ゲートイン完了!スタートしま…っちゃ、おっと7番のアイラブテーラー、大きく遅れてしまいました」

 百戦錬磨の実況アナが思わず噛んでしまったのも無理はない。ゲートで暴れたアイラブテーラーはショックを受けたのか、スタートが切られても重心を後ろに残したまま、出ていく気配すらなかった。約5秒後、ようやくスタートを切った時には、すでに集団から20馬身ほど置き去りに……。

 終始最後方を回り、ほぼ何もしないまま大差の最下位でゴールした。

「どうやらゲート内で暴れて、開く前に突進してバランスを崩してしまったようです。昨年の淀短距離Sの覇者であり、連覇が期待されていたアイラブテーラーでしたが、今年の舞台は例年の京都ではなく中京。本馬にとっては、昨年の悪夢が蘇ったのかもしれません」(競馬記者)

 昨春、当時7戦5勝2着2回という連対率100%を誇っていたアイラブテーラーにとって、初の惨敗となったのが昨年の高松宮記念だった。それも最後方からまったくレースに参加できないまま18着の最下位という、あまりにも悲惨な大敗……。

 レース後、JRAから「競走中に前進気勢を欠き入線が遅れたことについて平地調教再審査」と“ヤル気”の無さを罰せられるほどのショッキングなレース。今回は、それ以来の中京参戦だった。

「昨年の高松宮記念はスタートこそ出たんですが、そこからまったく加速せず。当時の鞍上・武豊騎手も『走りが本物ではなかった』と首を捻っていました。

管理する河内調教師が以前から『調整が難しいタイプ』と話し、高松宮記念では最終追い切りを控えたほど、気性にデリケートな面を持っている馬。今回は馬が中京競馬場を覚えていたのかもしれませんし、そういった面がモロに出てしまった感は否めませんね」(同)

 レース後、JRAからは1月30日までの出走停止に加え、タイムオーバーによる出走制限で2月9日まで平地競走に出走できない“おかわり”まで食らってしまったアイラブテーラー。

 ちなみに今回は、昨年の高松宮記念の走破時計1:21.9から1:15.3まで時計を詰めたが、アイラブテーラーにとって「中京」は因縁の地となりそうだ。

JRA武豊も首を捻った「ぶっちぎり」最下位から約10カ月……淀短距離S(L)2番人気アイラブテーラー「因縁の中京」でまたも悪夢のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話