NEW

「孤高のパチスロメーカー」が告知! 1月14日に新機種「スクープ映像」を公開!!

【この記事のキーワード】

,

「孤高のパチスロメーカー」が告知! 1月14日に新機種「スクープ映像」を公開!!の画像1

 4号機時代から独自のゲーム性を貫くパチンコ・パチスロメーカーのベルコは、6号機として2019年9月に『スーパービンゴギャラクシー』、2020年3月に『キングオブジャック』、2020年7月に『ワンバーS-30』を発売した。

 スーパービンゴギャラクシーは、その名の通り、ベルコが誇る看板シリーズの最新作で、1G純増約4.6枚のAT機能「ビンゴチャンス(BC)」が出玉増加の肝。

 BCは基本33G、「Hooah!」が発生すれば111G以上で、初回50%を突破できれば、以降は設定を問わず約80%でループすることから、ヒキに恵まれれば一撃での完走2400枚も十分に狙える。また、完走までにかかる時間は「約36分」と、大当り後の出玉増加スピードもかなり速い。

 キングオブジャックは出玉期待度が異なる3種類の疑似ボーナスを搭載したマシンで、ボーナス中は1G連抽選。1G連でのビッグ5連を達成するとエンディングボーナスがスタートし、完走が濃厚となる。

 沖縄仕様のワンバーS-30は、ビンゴシリーズのゲーム性を進化継承。Hooah!発生時の平均獲得枚数は803枚オーバーで、Hooah!を呼び込む新機能「夢ランプ」もある。

 そんなベルコは1月8日、公式Twitterを更新。「予告」と題して、パチスロ新機種のスクープ映像を「1月14日に当Twitter上で公開する」と告知した。

 ベルコは元旦、リュウジのイラストと共に「本年も宜しくお願いします」と新年の挨拶を記している。リュウジとは、ビンゴシリーズと並ぶベルコのキラータイトル「鬼浜シリーズ」の主人公。

 同シリーズのパチスロは2017年4月の『鬼浜爆走紅連隊 愛』以来、登場しておらず、「元旦のイラストは示唆だったのか!?」「いよいよ、鬼浜が6号機として登場か!?」と一部の熱狂的なファンを色めき立たせたが、検定情報を確認すると、ベルコのマシンとして検定を通過したのは2020年12月、型式名『Sワンチャンス1K1』のみであり、どうやら別のマシンだと思われる。

 ベルコの歴代マシンをさかのぼっても、同じようなタイトルのマシンは存在しない。

 やはり、ビンゴシリーズやワンバーシリーズのように「Hooah!」搭載の一撃性に長けた仕様なのか、それとも全く異なるゲーム性なのか。

 ファンとして妄想は尽きないが、まずは1月14日のスクープ映像公開を心待ちにしたい。

【注目記事】

甘デジ「85%ループ」「ALL10R」の男気スペック! 1種2種混合機から大変貌を遂げた「100%ST」マシン!!

パチスロ6号機「有利区間&2400枚」撤廃のウワサ!? 業界のプロがその“真相”に迫る…

パチンコ「継続率約80%×ALL1500発」の爆裂機も始動! これから先の「激アツ新台」も大注目!!

「孤高のパチスロメーカー」が告知! 1月14日に新機種「スクープ映像」を公開!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!