NEW

甘デジ新台「約2400発ループ」恐怖の一撃!? 極上の「一撃スペック」など甘くなっても魅力十分な“注目機種”をご紹介!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ新台「約2400発ループ」恐怖の一撃!? 極上の「一撃スペック」など甘くなっても魅力十分な注目機種をご紹介!!の画像1

 ミドルタイプで人気を博した機種が甘デジ仕様となるなど、新たなスペックで登場する事はパチンコ分野ではよくあることだ。

 これは少しでも多くのユーザーに興味を持ってもらいたいというメーカーの思いもあるだろう。

 無論、スペックが変わる事で長所を失うケースもある。ただ、中には全スペック帯で高い出玉性能を実現している人気機種も存在するのだ。

 その代表格と言えば初代『ぱちんこCR真・北斗無双』だろう。本機の出玉性能は語るまでもないが、甘デジ仕様として登場した『ぱちんこCR真・北斗無双 夢幻闘乱』も高い爆発力を誇っていた。

 このように、遊びやすくなっても高い一撃を実現した「別スペック機」は多く存在する。

 2021年も過去に人気を博したマシンが続々と新スペックで登場予定。今回はその中でも選りすぐりの2機種をご紹介させていただく。

『Pすしざんまい極上4200』(豊丸産業)

■大当り確率:1/29.9(設定1)~1/24.6(設定6)
■小当り確率:1/43.7
■おかわりタイム中の大当り期待値:約12.7%(設定1)~約15.3%(設定6)
■賞球:4&1&5&6&7&15
■出玉:4200発(2R×4C×15発×35回セット)
○○〇

『Pすしざんまい極上』が設定付きの新スペックとして登場。大当り確率が1/29.9(設定1)~1/24.6(設定6)と前作より遊びやすくなっており、連チャン機能「おかわりタイム」の期待値も高設定ほど優遇されている。

 また、大当り時の払い出し玉数は全設定で共通「4200発」。一度にまとまった出玉を得られる「極上仕様」は健在だ。

『Pすしざんまい極上4200』の導入予定日は2021年1月25日。新たなる「極上スペック」に期待したい。

『P ROKUROKU 2400ちょい恐Ver.』(高尾)

■大当り確率:1/115.9(設定1)~1/99.9(設定6)
■ROKUROKU IMPACT 突入率:約57.7%
■最大時短引き戻し率:約63%
■時短回数:6or36or66or96回
■セット数:6回
■ラウンド数:10R(5カウント)
■賞球数:1&1&6&1&8
○○〇

『P ROKUROKU 6000Ver.』が甘デジタイプの設定付きで登場。大当り確率は1/115.9(設定1)~1/99.9(設定6)で「一撃約2400発」獲得できるRUSH「ROKUROKU IMPACT」が本機の出玉の主軸だ。

 初当りからの確変振り分けは50%。通常大当りの場合も「6or36or66or96回」の時短が付与される。引き戻し込みのトータルのRUSH突入率は約57.7%(設定6の場合)となっており、甘デジながら「約2400発」へのハードルが低い点は魅力だろう。

 RUSHは大当り「6回ワンセット」となっており、リミット到達時には必ず時短へ移行。ここで再度引き戻すことができれば「約2400発」がループするため、まとまった出玉獲得にも期待できる。

 本機は1月12日より導入がスタート。甘デジ屈指の出玉性能を楽しめそうだ。

【注目記事】

パチンコ・パチスロ遊技台「中古価格ランキング」!!“超高額”で取引された「トップ5」に驚愕…

パチスロ約88%ループ『政宗3』級の期待!「ATの常識を覆す」新機種が話題のヒットメーカー「激アツ情報」も!!

パチスロ「50枚オーバー×90%ループ」の最強トリガー搭載! 多彩な上乗せが楽しめる人気シリーズ最新作!!【新台分析-戦国乙女3~天剣を継ぐもの~-】

甘デジ新台「約2400発ループ」恐怖の一撃!? 極上の「一撃スペック」など甘くなっても魅力十分な“注目機種”をご紹介!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!