NEW

パチンコ超出玉「9万発」など存在感は抜群! 名物メーカー“人気シリーズ”の動向に注目集まる

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ超出玉「9万発」など存在感は抜群! 名物メーカー人気シリーズの動向に注目集まるの画像1

『牙狼』や『ルパン三世』、『エヴァンゲリオン』『北斗無双』など、パチンコ人気を牽引するビッグコンテンツが続々と登場した2020年のパチンコ。驚愕の出玉報告も浮上するなど、ホールを大いに盛り上げていた印象だ。

 反響の大きさでは極限まで切り詰めた「圧倒的スピード感」で快進撃を見せた『P大工の源さん 超韋駄天』も負けてはいない。稼働率だけではなく、中古機価格で記録した数字も本機の成功を証明するものだろう。

 シリーズ累計で3100万部を突破の超人気作を題材にした『Pとある魔術の禁書目録JUA』も忘れてはならない。安定感がありながらも、2万発レベルの結果をコンスタントに狙えるスペックは多くのユーザーから支持された。

 名物メーカー高尾の「未体験の速撃」と宣言した新機種も、多くのファンが注目した1台だ。

P学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド2 弾丸319Ver.』は、「奴RUSH」の継続率が約83.5%を誇る高ループタイプ。この間は約66%が最大ラウンドと、大量出玉を期待できる仕様だ。

 先述したビッグコンテンツに比べれば注目度は低かったものの、スピード感あふれる出玉力を称賛する声が続出。「一撃9万発オーバー」の爆裂報告が浮上するなど、その存在感は日に日に大きくなっていった。

 その後も拘りの強い演出が好評の『P閃乱カグラ2胸躍る199ver.』を導入。本機はライトミドルの1種2種タイプで、トータル継続率が約82%というRUSHが特徴だ。振り分けは約半数が約1300発と、まとまった出玉も十分に狙える仕様となっている。

 大当り間で599回転を消化で発動する遊タイムは、即時にRUSHへ突入と遊びやすさも際立った仕上がり。特定のボイスや演出が変化する「推し忍カスタマイズ」を搭載するなど、ファン心をくすぐる要素も満載だ。好調をキープしていることも納得できる。

『P学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド2 弾丸319Ver.』同様に、予想を超える活躍を期待する声も存在。高尾の手腕が、改めて評価されている状況だが…。

 話題作を続々と発表している同社といえば、スタンバイしている新機種も大きな話題だ。

 まずは、いつも何かにキレている同社の名物キャラクター「キレパンダ」が主役のパチンコ。検定通過後、動向に注目が集まっていた話題作がついに動き出す。

 パチンコ新台『P安心ぱちんこキレパンダ』の機種サイトを開設。プロモーション映像を公開しており、早くも反響が寄せられている。

 さらにはギャグマンガを題材にした『DD北斗の拳』シリーズを話題にする関係者も目立つようになってきた。

 思わず微笑んでしまう、遊び心満載の演出が人気を博した本シリーズ。最近では、特徴的なゲーム性とヒキに左右されない安定感のあるスペックを実現した『P DD北斗の拳 主役はジャギ』が登場するなど、幅広い層から支持を得始めている印象だ。最新作がリリースされるとなれば、反響が寄せられることは間違いないだろう。

 今年も名物メーカーの手腕が炸裂するのだろうか。囁かれている情報も含め、今後の動向から目が離せない。

【注目記事】

甘デジ「85%ループ」「ALL10R」の男気スペック! 1種2種混合機から大変貌を遂げた「100%ST」マシン!!

パチスロ6号機「有利区間&2400枚」撤廃のウワサ!? 業界のプロがその“真相”に迫る…

パチンコ「継続率約80%×ALL1500発」の爆裂機も始動! これから先の「激アツ新台」も大注目!!

パチンコ超出玉「9万発」など存在感は抜群! 名物メーカー“人気シリーズ”の動向に注目集まるのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!