NEW

JRA福永祐一もたらす「幸運」がカギ!? 日経新春杯(G2)池江泰寿厩舎リーディング獲得に勢いつけたオルフェーヴル活躍年の「G1・名脇役」

【この記事のキーワード】

, ,

JRA福永祐一もたらす「幸運」がカギ!? 日経新春杯(G2)池江泰寿厩舎リーディング獲得に勢いつけたオルフェーヴル活躍年の「G1・名脇役」の画像1

 リーディング返り咲きへ――。

 17日、中京競馬場で行われる日経新春杯(G2)に、クラージュゲリエ(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が出走を予定している。

 同馬を管理する池江泰調教師は、2008年、2012年、2017年とリーディングトレーナーに輝いた名トレーナー。父はJRA元調教師の池江泰郎で、2005年に中央競馬史上6頭目のクラシック三冠を達成したディープインパクトを始め、メジロマックイーン、ステイゴールドを育て上げた名伯楽である。

 池江調教師自身もオルフェーヴルを始め、ドリームジャーニーやラブリーデイなど、数々のG1馬を育成。しかし、近3年は8位、6位、8位とリーディングに手が届かないでいる。

 リーディングに輝いた年は、51勝、57勝、63勝と多くの勝ち星を積み上げたが、昨年は年間で38勝。復権を懸け年明けの両金杯に管理馬を送り出したが、中山金杯(G3)のマウントゴールドは9着に惨敗し、1番人気のシュリを含め3頭を出走させた京都金杯(G3)でも、スマートオーディンが9着、サトノアーサーが12着に敗れ、納屋橋S(3勝クラス)、リゲルS(L)を連勝して挑んだシュリも1着馬と0.3秒差の5着に惜敗している。

 今年は年明けから7頭を出走させたが、未だに勝利はなし。トップ返り咲きへ険しいスタートとなった。

JRA福永祐一もたらす「幸運」がカギ!? 日経新春杯(G2)池江泰寿厩舎リーディング獲得に勢いつけたオルフェーヴル活躍年の「G1・名脇役」の画像2

 しかし、そんな池江調教師に幸運をもたらしそうなのが、クラージュゲリエに騎乗予定の福永祐一騎手である。

 昨年はコントレイルで3歳牡馬三冠を達成すると、自身の年間最高勝利数を更新。今年も年明けからすでに6勝を挙げ、現在リーディング2位と絶好調だ。

 日経新春杯は、過去にクラージュゲリエの近親トゥザグローリーで勝利を飾ったレース。オーナーがキャロットファーム、管理したのも池江調教師でクラージュゲリエとの共通点は多い。

 トゥザグローリーの2代母、クラージュゲリエの3代母がともにフェアリードールで、父も同じキングカメハメハ。トゥザグローリーが生涯で重賞5勝、有馬記念(G1)で2年連続3着になるなど池江厩舎に大きく貢献した馬だけに、クラージュゲリエに対する師の期待も大きいはずだ。

 トゥザグローリーが日経新春杯を勝利した2012年は、オルフェーヴルが宝塚記念(G1)、フォワ賞(G2)を勝利すると、凱旋門賞(G1)でも2着に健闘。ジャパンC(G1)でジェンティルドンナに敗れたものの、池江調教師自身はリーディングトレーナーに輝いている。

 2012年の日経新春杯で、厩舎に勢いをつけたトゥザグローリーと福永騎手。今年はクラージュゲリエとのコンビで池江調教師に幸運を呼び込むかもしれない。

JRA福永祐一もたらす「幸運」がカギ!? 日経新春杯(G2)池江泰寿厩舎リーディング獲得に勢いつけたオルフェーヴル活躍年の「G1・名脇役」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!