NEW

甘デジ『北斗無双』で一撃狙い!? 「10万発」に向けた立ち回りは手堅く大胆に!!

【この記事のキーワード】

,

甘デジ『北斗無双』で一撃狙い!? 「10万発」に向けた立ち回りは手堅く大胆に!!の画像1

 出入りこそ激しかったが、結局数百発のマイナスという超平凡な結果で2021年のオープニングマッチを終えた甘デジ10万発。正月らしくドカッと連チャンするとか、年明け早々死ぬほど負けて縁起が悪いとか、何かしらのフックが特に欲しいシチュエーションであったが、まあ今年もたぶんこんな感じでいくのでよろしく頼む。

 前回の「結局、海」の教訓を活かし、最初から飛ばすことを考えない立ち回りにしようと思う。長距離走でスタートダッシュかまして最終的にはケツから数えたほうが早くなる、みたいな失敗をもう繰り返さない。まずは慎重に。

 したがって、安定感や甘デジの中でも当たりやすい手軽さを擁する機種を設置台から確認していくと、見つけたのが『CRA SUPER電役ナナシーDX66VV』である。大当り確率が1/66.9と超破格。それでいて当たれば700~800発の出玉を獲得できるし、しかも連続大当りの期待が約25%と4回に1回は連チャンが付いてくる。

 改めて見るとスペックエグいな、『ナナシー』。正直、この企画のような一発勝負的な場面には向いていないが、ある程度回りがあれば終日打ってそれが高確率できちんと結果に反映される良台である。

 そんな褒め殺しが効いたのか、22回転で大当りをゲット。残念ながら自力連チャンは発生しなかったが、800発ちょいの出玉、きっちりもろたで。出玉分くらい打ってもう少し様子を見てもよかったが、回りがそれほど芳しくなかったので台移動。

『ナナシー』で引きがほぐれてきたところで、勝負の『ぱちんこCR真・北斗無双 夢幻闘乱』である。データを確認すると初当りから24連チャンをマークしていてスランプグラフがエグい角度で急上昇していた。さすがの爆発力である。

 しかもその後2回初当りを取ってどちらも単発なので、そろそろRUSHの入り頃。何か期待できそうな雰囲気がある。とほくそ笑んでいたら、私の後に隣の空き台に座ったおっさんからすぐさまアツそうな演出が。

 その台も『ぱちんこCR真・北斗無双 夢幻闘乱』で、ロゴギミックがガンガン落下するわ、X秒後予告だの扉赤だの演出が当りに向かう時の賑やかさで回りを威圧してくるのである。「後から座った隣の人に先に大当りされると鬼ハマる」のジンクスを持つ私は涙目である。

 結局隣のおっさんのその回転はハズれ、ほっとした私にバトルリーチ・ケンシロウ強技で当りをプレゼントしてくれた。ただ、時短で引き戻すことは叶わずにRUSHはお預け。この台も回りはイマイチだし、そもそも一発長打を期待していたので、目的を達成できない場合は早めに見切るが吉。台移動である。

 次に選んだのは『P新日本プロレスリング』。だいたい50%で2000発、運が良ければ3500発もある一撃に賭けると、スペックは申し分ないが通常時の演出がなぁ。もうちょっと普通の演出で新日の良いところを引き出してほしかった。これなら演出モード3つもいらんから、カチッと王道ストロングスタイル1本でがんばってくれよと。

 この苦言を呈する感じが癇に障ったのか、『ナナシー』とは逆に132回と多少手こずってからのド単発レギュラーボーナス。いやー、今日は連チャン取れない日なのね……。

【C店】
・今回のトータル出玉 -1407発(総収支 -6814発)
・実戦機種 3台(計24台/40台)

これまでの結果
A店【実戦機種26台、コンプリート(大当りさせた)台、16台/33台中・収支 -12249発】
B店【実戦機種21台コンプリート、収支 -16314発】

(文=大森町男)

【注目記事】

パチンコ新台「77連チャン達成」「危険な刺激」など絶賛の声も!? スピード感あふれる“爆連”は一級品!!【初打ち実戦速報-パチンコ編-】

緊急事態宣言による「パチンコ店」への影響は…「時短営業」「売り上げ低下」など懸念材料は山積み!?

パチスロ「最強の出玉性能」を実現!? 新台『政宗』シリーズ驚異の「88%ループ」に期待!!

甘デジ『北斗無双』で一撃狙い!? 「10万発」に向けた立ち回りは手堅く大胆に!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!