NEW

JRA武豊「代打」は“大喧嘩”も巻き返しの予感!? デムーロ不振脱却の鍵 菜七子キャリア初クラシック意識? 「ONZO」とはナンゾ??【週末GJ人気記事総まとめ】

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊「代打」は大喧嘩も巻き返しの予感!? デムーロ不振脱却の鍵 菜七子キャリア初クラシック意識? 「ONZO」とはナンゾ??【週末GJ人気記事総まとめ】の画像1

 さまざまなGORAKUを心から愛する「GJ」。今週人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA武豊「代打」は大喧嘩も巻き返しの予感!? デムーロ不振脱却の鍵 菜七子キャリア初クラシック意識? 「ONZO」とはナンゾ??【週末GJ人気記事総まとめ】の画像2

■JRA武豊「代打」浜中俊“大喧嘩”でシンザン記念(G3)11着惨敗……キセキ・メイケイエールで見せた「ユタカマジック」主戦不在が致命傷に?

ライター「A」:先週は武豊騎手が腰痛で戦線離脱。さまざまな騎手が代打を務めましたが、シンザン記念でダディーズビビッドに騎乗した浜中騎手には批判が殺到しました。

デスク「Y」:「スグルマジック」不発! 以前は「ポスト武豊」候補なんて言われていたけど、最近はちょっと冴えないねぇ。

ライター「A」:昨年は38勝と自己ワースト2の成績に終わりました。

デスク「Y」:ルメさまと武大明神のふたりと同じエージェントグループにいるけど、このままだとそこからも追われそうな気がするわね。

ライター「A」:このグループに武豊騎手が加入したのも、エージェントは契約している手持ちの騎手たちでその馬の鞍上を回したいのに、『ルメール騎手の代わりに浜中騎手を打診するも難色を示されることが多かったから』なんて言われてました(※当該記事)。

デスク「Y」:「ルメール代打・武作戦」は上手くいってるっぽいけど、浜中騎手にとってはせつなすぎるでしょ。2021年は大爆発して関係者を見返しておくれ~~~~~。

JRA武豊「代打」は大喧嘩も巻き返しの予感!? デムーロ不振脱却の鍵 菜七子キャリア初クラシック意識? 「ONZO」とはナンゾ??【週末GJ人気記事総まとめ】の画像3

■JRA「消えた6勝」武豊痛いのは腰だけじゃなかった!? C.ルメールに意外な恩恵も、今週はレジェンドが大爆発の予感。3勝スタートはまだまだ序の口か……

ライター「A」:武豊騎手が腰痛で休養を取ったため、23鞍が乗り替わり。その騎乗予定馬の成績をまとめると、[6-2-1-14]になることがわかりました。

デスク「Y」:乗っていれば6勝も上げる可能性もあったのかぁ。惜しいことしちゃったわねぇ。

ライター「A」:こればっかりは仕方ないですね。ただ今週も、土曜日の紅梅Sには15冠ベビー・オンラインドリーム、日曜の梅花賞には怪物候補ディープモンスター、日経新春杯には6億円ホース・アドマイヤビルゴなど10頭に騎乗予定。馬質も上々ですし、結果を残してくれそうです。

デスク「Y」:目指せ10勝! 先週取り損なった分を取り戻せ!!!

JRA武豊「代打」は“大喧嘩”も巻き返しの予感!? デムーロ不振脱却の鍵 菜七子キャリア初クラシック意識? 「ONZO」とはナンゾ??【週末GJ人気記事総まとめ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!