NEW

JRA武豊×武幸四郎「15冠」オンラインドリーム「裏格付け」で最低評価!? 三連単10万馬券のシンザン記念(G3)が「順当」だった理由

【この記事のキーワード】

,

JRA武豊×武幸四郎「15冠」オンラインドリーム「魔の中京」で大ピンチ!? 三連単10万馬券のシンザン記念(G3)が「順当」だった理由の画像1

 昨年、モズアスコットがフェブラリーS(G1)を勝利したことで、再び脚光を浴びた欧州の種牡馬フランケル

 特にソウルスターリングがオークス(G1)を制し、日本に「フランケル旋風」が巻き起こった翌年に生まれた現3歳世代は、すでにグレナディアガーズが朝日杯フューチュリティS(G1)を勝つなど、当時の輝きを彷彿とさせるものがある。

 そんな中、今週もフランケル産駒の大物が登場する。16日の紅梅S(L)に出走するオンラインドリーム(牝3歳、栗東・武幸四郎厩舎)だ。

 父がG1・10勝のフランケル、母は2011年の凱旋門賞(仏G1)などG1・5勝を挙げたデインドリーム。父馬と母馬合わせて「15冠」を数える世界的良血馬として、デビュー前から注目を集めていた話題の大器である。

 デビュー戦は、そんな周囲の期待に応える素晴らしい内容だった。今回と同じ芝1400mのレースで、スピードの違いから楽にハナに立ったオンラインドリームは、そのまま後続を引き離しての完勝。着差こそ2着と1馬身3/4だったが、鞍上の武豊騎手が一度もムチを使わない楽勝劇だった。

JRA武豊×武幸四郎「15冠」オンラインドリーム「魔の中京」で大ピンチ!? 三連単10万馬券のシンザン記念(G3)が「順当」だった理由の画像2

 レース後、武豊騎手は「体が小さい割に良い走りをします。良血なので(勝てて)ホッとしました」と高評価。管理する武幸四郎調教師も「スピードのあるところをみせてくれた。今日は上手に競馬ができるところを見たかったが、上手に走ってくれた」と手応え。今回は格上挑戦となるが、金曜段階では圧倒的な支持を集めているだけに、ここは通過点といきたいところだ。

 しかし、その一方で今回は「厳しい戦いになる」という声もある。

「現在の中京・芝コースは前残り馬場ということで、デビュー戦を逃げ切ったオンラインドリームの人気を後押ししているようですが、実は前に行くことよりもカギになりそうなのが馬体重です。

京都競馬場の改修工事の影響で、例年以上のロングランを強いられている中京ですが、芝が育ちにくい厳寒期ということもあって、開催を重ねるごとに力のいる馬場傾向にシフトしています。その点で、小柄なオンラインドリームには大きな不安がありますね」(競馬記者)

 実際に先週のシンザン記念(G3)は、4番人気のピクシーナイトが勝ち、8番人気のルークズネストが2着し、三連単は約12万馬券と波乱の結果だったが、こと「馬体重」に着目すればピクシーナイトの536kgが抜けて大きく、さらにルークズネストの500kgも上から3番目という”順当”な結果だった。

 一方、450kgと上から8番目だった1番人気ククナは、単勝2.4倍に支持されたにもかかわらず、4着に敗戦。鞍上C.ルメール騎手の「ラスト100mは疲れていました」という言葉は、アルテミスS(G3)2着の実績を考慮すれば、距離というよりはパワーの問題だろう。3番人気で442kgだったロードマックスに至っては、最下位に大敗している。

 そういった点でオンラインドリームの前走時の馬体重は、わずか418kg。牝馬限定戦だけに500kgを超えるような馬は不在だが「メンバー中最下位」という小柄は、今の中京では大きな不安要素となるはずだ。

「気持ちが入りやすいので、注意しながら」と武幸四郎調教師が話した最終追い切りは、栗東の坂路で馬なりと非常に軽いものだった。燃えやすい気性面も然ることながら、少しでも馬体を増やして“魔の中京”に挑みたいところだ。

JRA武豊×武幸四郎「15冠」オンラインドリーム「裏格付け」で最低評価!? 三連単10万馬券のシンザン記念(G3)が「順当」だった理由のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!