NEW

JRA柴田大知「騎乗停止」の悪夢再び!? 「漁夫の利」丸山元気は京成杯(G3)ヴァイスメテオールで騎乗停止前の一発なるか

【この記事のキーワード】

, ,

JRA柴田大知「騎乗停止」の悪夢再び!? 「漁夫の利」丸山元気は京成杯(G3)ヴァイスメテオールで騎乗停止前の一発なるかの画像1

 16日、中山競馬場で行われた5R・3歳未勝利戦は3番人気のセナリストが優勝。騎乗した丸山元気騎手は、昨年の12月12日から続いた連敗を「54」でストップし、今年の初勝利を飾った。

 しかし、この勝利はコスモマインがもたらした「漁夫の利」による部分も大きかったのかもしれない。

 レースはフジツボノミヤが疾病による出走取消で15頭立て。好スタートを切った2番人気のコスモマインは好位の外目を追走し、出遅れたセナリストは後方からの競馬となった。

 道中のペースが落ち着いた向正面でコスモマインが先頭集団を射程圏に捉えると、セナリストも一気に前方に進出。4コーナーではコスモマインが早くも先頭に立ち、直線を迎えた。

 手応え十分で一気に抜け出したコスモマインが圧勝するかに思われたレースだったが、残り100m手前で大きく斜行。レッドロワ、ヴァンデスプワールといった上位争いをしていた馬が被害を受け、コスモマインも体勢を立て直す形で大きく減速。その間、外からスムーズに脚を伸ばしたセナリストが一気に差し切った。

JRA柴田大知「騎乗停止」の悪夢再び!? 「漁夫の利」丸山元気は京成杯(G3)ヴァイスメテオールで騎乗停止前の一発なるかの画像2

 コスモマインに騎乗したのは柴田大知騎手。2着が3回続いていただけに、レース前には『競馬ラボ』で連載中の『柴田大知の進化論』にて「今度こそ勝たせてあげたい一戦です」と気合が入っていたが、またも痛恨の2着となった。

 これまでにも「まだ子供っぽくて、道中はハミを取ったり、取らなかったりしていました」などと話していた柴田大騎手。気性的に危ういところを秘めていた馬だが「十分に注意をして乗っていたんですが、直線に入ってから、外へ張るようなところを出してしまいました」と突然の出来事に馬を制御し切れなかったようだ。

 柴田大騎手といえば、2018年にはマイネルサーパスでもゴール前で斜行。9日間の騎乗停止を受けた経験がある。当時、一部の競馬ファンからSNSや掲示板を通じて「かなり酷い斜行だったな。この騎手、年一回はこういう騎乗してないか?」、「勝ちたい気持ちは伝わるんだけど、若手じゃないんだし……」などの非難の声も挙がっていた。今回のレースでも降着とはならなかったが、審議を招いたこともあり、処分は免れないだろう。

 昨年は期待馬のユーバーレーベンで思い通りの騎乗ができず無念の降板。年間勝利数もじょじょに陰りが見え始めており、今後の見通しは明るくない。

 一方、勝利した丸山騎手も9日、中山2Rでジェイエルブリッジに騎乗し、最後の直線で外側に斜行。接触したアスマスティーブが転倒して競走を中止したため、このことについて23日から31日まで騎乗停止処分が下されている。

 しかし、セナリストの勝利に加え、17日の京成杯(G3)ではクラシック候補といわれるヴァイスメテオールもスタンバイ。同馬は昨年の10月に東京でデビューし、サトノクラウンの半弟シテフローラルを2着に下した素質馬だ。来週から2週連続で騎乗できないことを考えると、ここで勝利を積み上げられたのは大きいといえるだろう。

 今年の初勝利を「漁夫の利」を得た丸山騎手。京成杯でも、幸運を味方に今年の初重賞勝利といきたいところだ。

JRA柴田大知「騎乗停止」の悪夢再び!? 「漁夫の利」丸山元気は京成杯(G3)ヴァイスメテオールで騎乗停止前の一発なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!