NEW

JRA C.ルメール「何も課題はない」2戦連続の3馬身差「圧勝」も……牝馬クラシック戦線へ向け「悩ましい存在」

【この記事のキーワード】,

JRA C.ルメール「何も課題はない」2戦連続の3馬身差「圧勝」も……牝馬クラシック戦線へ向け「悩ましい存在」の画像1

 2戦連続の「圧勝」も……。

 16日、中京競馬場で行われた紅梅S(L)は、1番人気のソングラインが優勝。C.ルメール騎手が騎乗し、2着のララクリスティーヌに3馬身差をつける快勝となった。

 レースは芝1400mの11頭立て。ソングラインは後ろ重心でのスタートとなったが、陣営が「課題であるゲートを五分に出てくれた」と振り返ったように、同馬にとっては悪くない発馬。二の脚は速い馬だけに、一気に2列目まで押し上げた。

 直線に入っても手応え十分で、追い始めると残り200m手前では早くも先頭。ソングラインが割った間をララクリスティーヌも追い上げたが、その差は詰まらず最後は流しての圧勝だった。

 陣営はレース後「馬群で折り合って運べましたし、収穫のある競馬ができました」とコメント。前進気勢の強い馬ではあるが、気性を上手くコントロールできたことを高く評価しているようだ。

 ただ、ルメール騎手でのクラシック参戦は難しいかもしれないと記者は話す。

「未勝利勝ちも強かったですが、今日も完勝でしたね。ルメール騎手も『何も課題はない』と話していたようですし、牝馬クラシック戦線に新たな大物が誕生したのかもしれません。

ただ、紅梅Sの勝ち馬は2016年のシンハライト以降、目立った馬が出ていません。ルメール騎手には阪神JF(G1)で騎乗したサトノレイナスなど有力馬がお手馬に数多くいますし、クラシック戦線での継続騎乗は見られない可能性が高そうですね」(競馬記者)

 確かにルメール騎手は、サトノレイナスの他にも先週のフェアリーS(G3)を勝利したファインルージュ。シンザン記念(G3)で敗れはしたものの、その前のアルテミスS(G3)で4戦無敗のソダシに迫ったククナなど数多くの有力馬を抱えている。

 ソングラインも有力馬の1頭であることは間違いないだろうが、クラシックでルメール騎手が手綱を握るかとなると微妙なところ。クラシック戦線に挑むことになれば、どのジョッキーとコンビを組むことになるのかも興味深い。

 ソングラインの父であるキズナが、マルターズディオサ、フィオリキアリ、アブレイズなど、多くの産駒をクラシックに送り出した昨年。前述のファインルージュもキズナ産駒だけに、今年のクラシックでも多くの産駒を目にすることとなりそうだ。

 2戦連続の3馬身差「圧勝」で、ルメール騎手にも大きなインパクトを残したソングライン。騎乗したルメール騎手にとっては、クラシック戦線へ向け「悩ましい存在」となるかもしれない。

JRA C.ルメール「何も課題はない」2戦連続の3馬身差「圧勝」も……牝馬クラシック戦線へ向け「悩ましい存在」のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  6. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?