NEW

武豊アドマイヤビルゴ「敗因」はアノ大物3歳馬!? 元JRA安藤勝己氏が意外な見解…… 日経新春杯(G2)大敗も新たに見えた「希望の光」

【この記事のキーワード】

, ,

武豊アドマイヤビルゴ「敗因」はアノ大物3歳馬!? 元JRA安藤勝己氏が意外な見解…… 日経新春杯(G2)大敗も新たに見えた「希望の光」の画像1

 もう立ち止まってはいられない。

 17日に中京競馬場で行われた梅花賞(1勝クラス・芝2200m)は、武豊騎手の1番人気ディープモンスター(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が快勝。春のクラシックヘ向けた今年初戦をきっちりとモノにした。

 レース後、コンビを組んだ武豊騎手は「馬場が気になって、のめっていましたけど、瞬発力はさすがですね」とポテンシャルの高さを評価。管理する池江泰寿調教師はこれが今年の初勝利となった。

 懸念されていたのは例年の京都ではなく、荒れる中京での開催だったことだ。現在、人気馬にとって鬼門となっているのがこの桶狭間の舞台だ。

 とにかく今年は波乱の決着が目立っている。5日の京都金杯(G3)では、12番人気の大穴ケイデンスコールが激走しただけでなく、11日の寿S(3勝クラス)でも14番人気で勝利したツーエムアロンソがWIN5史上最高配当4億8178万円の立役者となった。1番人気に支持されたディープモンスターにとっても油断大敵だったといえるだろう。

 8頭立てと少頭数ながらも決して楽なレースではなかった。好スタートを決めながらも行きたがるディープモンスターをなだめる必要があったため、インの後方からの競馬を強いられた。しかし、馬群に入れて内で折り合うとそこから人馬の息はピッタリ。最後の直線では脚を取られるシーンもあったが、2着ヴェローチェオロに1馬身1/4差をつけて快勝した。

 デビュー戦で放馬した問題児は仕切り直しとなった新馬戦を好位抜け出しで勝利した。だが、2戦目となった前走のエリカ賞(1勝クラス・芝2000m)では2着に惜敗。1000m通過が64秒という超スローペースを後方から追走して脚を余す格好での敗戦だっただけに陣営としては、今回は何としても勝っておかなければならなかった。

「武豊騎手もコメントしていたように、現在の荒れた中京の馬場は合わなかったように感じます。軽さと切れが持ち味のディープインパクト産駒ですから、本来は東京や京都向きでしょうね。

持ち味である瞬発力の活きる条件ではなかった中で、しっかりと勝ち切ったことを評価したいです。次走も注目したい馬ですね」(競馬記者)

 外野の心配をよそに結果を残したディープモンスター。怪物という馬名にはまだ名前負けしているかもしれないが、2勝目を挙げたことで今後のレース選択に視野も開けてくる。逆境を跳ね返す結果も素質馬たる所以かもしれない。

 先週は腰痛により3日間の騎乗をキャンセルせざるを得なかった武豊騎手は、「ご心配をおかけしましたが、もう大丈夫。今週は万全で騎乗できます」と意欲を見せたが、勝利を挙げられたのは梅花賞の1勝のみ。

武豊アドマイヤビルゴ「敗因」はアノ大物3歳馬!? 元JRA安藤勝己氏が意外な見解…… 日経新春杯(G2)大敗も新たに見えた「希望の光」の画像2

 日経新春杯(G2)で大敗したアドマイヤビルゴについて、元JRA安藤勝己氏は「ユタカちゃんが勝った9Rのイメージが仇になった。ヴェロックスと牽制し合っとるタイミングでショウリュウイクゾが仕掛けて、手前換えてから勢いが違った」と自身のTwitterで見解を披露した。

 ディープモンスターが強過ぎたが故に、レジェンドの騎乗に思わぬ誤差が生まれたとあれば、見た目以上に内容が濃かったと考えることも可能である。将来的なことを考えると、同馬の梅花賞の勝利は非常に価値ある1勝だったに違いない。

武豊アドマイヤビルゴ「敗因」はアノ大物3歳馬!? 元JRA安藤勝己氏が意外な見解…… 日経新春杯(G2)大敗も新たに見えた「希望の光」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!