NEW

パチスロ「6.1号機」など熱視線を浴びる『北斗の拳』…甘デジでも好評を得た「名物シリーズ」も参戦を表明!!

【この記事のキーワード】

, , , ,

パチスロ「6.1号機」など熱視線を浴びる『北斗の拳』…甘デジでも好評を得た「名物シリーズ」も参戦を表明!!の画像1

 2021年も業界を代表するビッグコンテンツの登場が予定されている。パチンコ・パチスロ両分野で、その登場を待ちわびる声が続出している状況だ。

 その中でも大きな注目を集めているのは、業界において“確たる地位”を築くことに成功したサミーの『北斗の拳』シリーズ。近年は厳しい意見も目立つが、最新作は大きく取り上げられるなど、今なお高い人気を誇る。

 昨年もパチンコ新機種『P真・北斗無双 第3章』がデビュー。「一撃5万発」「80連を達成」といった報告が出たこともあり、導入から上々の反響を得ていた印象だ。

 そんな『北斗の拳』シリーズ最新作が始動。6.1号機スペック『パチスロ北斗の拳 宿命』が、3月にホールへ降臨予定だ。

 出玉増加の軸は1G純増約2.8枚のバトルボーナス。減少区間なしという仕様で、2種類のBBが期待感の新境地を開拓する。ケンシロウの「伝承」は王道のバトル継続型、ラオウの「拳王」は枚数管理型だ。

 通常時のベースは50枚あたり約35.8Gと抑えられた仕様。AT確率は約1/340(設定1)~約1/194(設定6)と、スピーディなゲーム展開を期待できる。「秘孔ギミック」搭載の北斗専用筐体に対するポジティブな意見も浮上するなど、上半期の目玉機種となりそうな気配だ。

 さらにはパチンコ新機種『P北斗の拳8救世主SFB』が検定を通過。こちらもファンの注目を集めている。両分野での快進撃を予想する声も存在。超人気シリーズ『北斗の拳』が、2021年もホールを大いに盛り上げてくれそうだが…。

 そんな『北斗の拳』に関連する新情報が浮上。遊び心満載の演出のみならず、最近では斬新な仕様も話題になった高尾の“名物シリーズ”も動き出した。

「北斗の拳」をベースにしたギャグマンガ『DD北斗の拳』とのタイアップ機。可愛らしく笑える世界観が人気を博した本シリーズの最新作『PDD北斗の拳2S5D』が検定を通過した。

 2019年には自動販売機をモチーフにした『P DD北斗の拳~主役はジャギ~』が登場。まとまった出玉を得られる安定抜群のスペック、ミドルタイプで6段階設定を搭載した点も注目を集めた。

 そのライトタイプ『P DD北斗の拳~主役はジャギ!!~ユリアVer.』も発売。3段階設定のループ確変機で、転落抽選を採用した仕様で好稼働を見せていた印象である。

 検定を通過した『PDD北斗の拳2S5D』は、どのような仕上がりとなっているのだろうか。名物メーカーの手腕に期待したいところだ。続報を楽しみに待ちたい。

【注目記事】

パチスロ「1PUSH連打」で爆上乗せ! 初期ゲーム数の「上乗せ勝負」がカギを握るAT機「認定期間満了」

パチスロ6号機市場に“大物”参戦!「ランプ色」による「高設定示唆」搭載

ライトミドル史上「最速」遊タイム搭載!パチスロ人気シリーズ「類稀な破壊力」を実現!!

パチスロ「6.1号機」など熱視線を浴びる『北斗の拳』…甘デジでも好評を得た「名物シリーズ」も参戦を表明!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!