NEW

パチスロ「右レバーにこだわった変わり者たち」 ~2号機名機伝説「ガルーダ&リスキーダック」編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.34】

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「右レバーにこだわった変わり者たち」 ~2号機名機伝説「ガルーダ&リスキーダック」編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.34】の画像1
 リールをスタートさせるレバーは、向かって左側にあるもの。これはもう、パチスロにおけるハードウェア面での常識である。

 一方、パチスロの祖先である海外の古いスロットマシンや、それをベースとしたオリンピアマシン、そして0号機のアップライト型機などは、筺体の右側側面に長くて大きなレバーというかハンドルが装備されていて、それを「よいしょっ」と引き倒すプレイスタイルだった。

 前回取り上げた『アペックス701Z』など、1990年代の半ばまで沖縄ではアップライト型機が現役バリバリで、自分も何度か現地へ赴きプレイしたのだが、長時間プレイすると右の腕や肩がけっこう悲鳴をあげたものだ。

 そもそも、昔のマシンが筺体右側側面にレバーを装備していたのは、リールユニットがバネとギヤを組み合わせたメカ式だったためで、機構上そこに取り付けるほかなかったからだ。

 箱型に小型化され、リールユニットが現在と同様のステッピングモーターをマイコン回路でコントロールする方式に近代化されたことで、レバーはリールをスタートさせるための電子回路上の単なるスイッチとなった。結果、小さなものが左側に装備されるようになったのである。

 しかし、箱型になってシステムが電子化されてからも、頑なに右レバーにこだわっていたメーカーやマシンも少数ながら存在した。

パチスロ「右レバーにこだわった変わり者たち」 ~2号機名機伝説「ガルーダ&リスキーダック」編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.34】の画像2

 『ガルーダ』は、1号機『ハイアップ』やその後継機である1.5号機『ハイアップターボ』をヒットさせたタイヨーの2-1号機。

 仕様はボーナスのみのオーソドックスなAタイプで、2号機から許可されたフルーツやシングルボーナスといった新たな遊技機能は非搭載。

 演出の要である出目についても、「ボーナス絵柄がスベってテンパイすればチャンス」といった程度のもの。正直なところこれといったウリのない非常に地味なマシンで、設置台数も伸びずマイナーなままで短い一生を終えた。

 唯一、話題になった点を挙げるとするならば、「完全確率抽選方式なのに天井があった」ということくらいか。

 ボーナス間で1500Gハマると、救済措置として小役確率が等倍返し状態となりコインが減らなくなるのだという。

 いまでいうところの、パチンコの遊タイムみたいなものだが、そもそも2号機の規定では天井機能は禁止となっているはず。

 ひょっとしたら、一部の不正改造台すなわち裏モノにのみ搭載されていたのかも知れないが、いまとなっては確かめる術はない。

パチスロ「右レバーにこだわった変わり者たち」 ~2号機名機伝説「ガルーダ&リスキーダック」編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.34】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!