NEW

JRA武豊「こんなに強い馬はいませんでした」歴史的名馬「他界」も受け継がれし血脈。東海S(G2)今後占う一戦に「白毛」の後継者登場

【この記事のキーワード】

,

JRA武豊「こんなに強い馬はいませんでした」歴史的名馬「他界」も受け継がれし血脈。東海S(G2)今後占う一戦に「白毛」の後継者登場の画像1

 ジャパンCダートなどG1・2勝を挙げたクロフネ(牡23歳)が17日、けい養先である北海道安平町の社台スタリオンステーションで、老衰の為この世を去ったと18日にJRAが発表した。

 クロフネといえばNHKマイルC(G1)を勝利するなど芝でも活躍したが、さらに衝撃のパフォーマンスを見せたのがダート戦。2001年の秋に戦いの場を芝からダートに移すと、初戦となった武蔵野S(G3)では「1.33.3」の驚異的なレコードで9馬身差の圧勝を飾っている。

 さらに、メンバーが強化されたジャパンCダートでも圧巻の競馬。7馬身差の独走劇を演じると、騎乗した武豊騎手も「これまでにも良い馬にたくさん乗せていただきましたが、今日のレースに限って言えば今まで乗ってきた馬の中でも、こんなに強い馬はいませんでした」とコメントを残している。

 クロフネの馬主は金子真人氏。クロフネの他にも、日本競馬史に名を刻む数々の名馬を所有してきた名オーナーだ。同馬主のディープインパクトやキングカメハメハは2019年に他界。これらもコントレイルやドゥラメンテなど数多の名馬をターフに送り込んだが、クロフネの血も脈々と受け継がれている。

 昨年は父クロフネのソダシが4戦4勝で阪神JF(G1)勝利。白毛馬として史上初のG1制覇を成し遂げる快挙を達成した。

 そして、24日に中京競馬場で行われる東海S(G2)に出走を予定しているハヤヤッコ(牡5歳、美浦・国枝栄厩舎)もまた、母父にクロフネの血を持つ白毛一族の一頭だ。

 芝でデビューしたハヤヤッコは2戦目の未勝利戦で勝利を飾ると、4戦目からはダート転向。3歳時にはレパードS(G3)で重賞勝ちを収めており、昨年のブラジルC(L)では4勝目を挙げている。

 ソダシと同じシラユキヒメの一族で、希少な白毛馬であるハヤヤッコ。昨年はソダシのほか、メイケイエールも重賞2勝と活躍した勢いのある一族で、同馬に懸けられる期待も大きい。

JRA武豊「こんなに強い馬はいませんでした」歴史的名馬「他界」も受け継がれし血脈。東海S(G2)今後占う一戦に「白毛」の後継者登場の画像2

 前走のブラジルCでは初の2100m戦となったが、騎乗した田辺裕信騎手は「4角から直線に向いての手応えがばっちりだったので、いけるなという感じがありました」とコメント。父のクロフネが7馬身差で圧勝したジャパンCダートと同距離で、秘めたる能力を感じさせた。

 現在、ジャパンCダートは名称や条件が変わりチャンピオンズC(G1)として引き継がれており、その舞台が東海Sと同じ中京競馬場のダート1800m戦。今回のレースが、今後を占うための重要な一戦となりそうだ。

 クロフネの血、そして白毛の血を受け継ぐ者として、ハヤヤッコには今後のさらなる活躍を期待したい。

JRA武豊「こんなに強い馬はいませんでした」歴史的名馬「他界」も受け継がれし血脈。東海S(G2)今後占う一戦に「白毛」の後継者登場のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!