NEW

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……の画像1

 昨年の競馬界は話題が豊富だった。史上初の芝G1・9勝という金字塔を打ち立て、ターフを去ったアーモンドアイ。生涯獲得賞金も19億1526万3900円で歴代1位と文句なしの成績で一時代を築いた。

 それ以外にもコントレイルがディープインパクト以来となる無敗の3冠馬に輝き、デアリングタクトは史上初となる無敗の牝馬3冠を達成するなど、まさに記録づくめの一年。また、新型コロナウイルスの影響で、無観客開催が行われるなど特別な年だった。

 そんな2020年の競馬界を武豊騎手と安藤勝己元騎手が対談形式で振り返った。恒例となっているレジェンド対談は関西テレビの『うまンchu』で実現。爆笑本音トークが繰り広げられた。詳細についてはYouTubeの『カンテレ競馬【公式】』にアップされている動画をご確認いただきたい。

 その中では、アーモンドアイについても話題となった。

 安藤氏は「C.ルメールの腕もあるが、すごく乗りやすそうに見える。どんな競馬でもできる」と強さを分析し、武豊騎手は「名コンビって感じがしますね。クリストフも強い馬乗ったらきっちり走らせるので、鬼に金棒ですね」と語った。

 実は、レジェンド2人は一年前の同企画でもアーモンドアイの強さに言及している。

 この時は「東京2400mでアーモンドアイ、ウオッカ、ダイワスカーレットが一緒に走ったらどれが勝つ」という質問に、安藤氏が「アーモンドアイでしょ」と即答し、「次元が一つ違う」と答えた。また、武豊騎手も「アーモンドアイは瞬発力と自在性を兼ねそろえており、展開不問の最強馬」とその実力を認めていた。

 それから1年が経ち、アーモンドアイはさらにG1・3勝を加算。2人の見立ては間違っていなかったことが証明された。

 そして、今年の対談で最も興味深い発言が飛び出したのが、この質問である。

「あの時(ジャパンCを制した時)のアーモンドアイに2人が歴代コンビを組んだ馬で、勝つとしたらどの馬ですか」

JRA武豊、アンカツが「アーモンドアイに勝てる馬」を激白!? 「あの時点では完成していなかった」「アレしかないですね」気になる候補とは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!