NEW

【濱マモルの新台実戦記~ワイルドロデオ6750だぜぇ~】伸るか反るかの「激熱パチンコ」攻略へ挑む!!

【この記事のキーワード】

, ,

【濱マモルの新台実戦記~ワイルドロデオ6750だぜぇ~】伸るか反るかの「激熱パチンコ」攻略へ挑む!!の画像1
 あと何千回、この電車に乗るのだろうか。そう思ったらバカらしくなって会社を辞め、以降、綱渡りの生活を続けている。

 約18年。気が付けば長い月日が経過しており、もはや戻るも地獄、進むも地獄と八方ふさがりのアタシは、一発屋芸人と呼ばれる人々を尊敬している。

 動画が主流となったことでパチンコ・パチスロライターもタレント化が進んでいるが、生き馬の目を抜く芸能界で成功するには、その何十倍も努力が必要。鳴かず飛ばずで引退する者が大半の中、一発でもドカンと売れたのだから、実力と運は相当なものなのである。

 豊丸産業の最新パチンコ『Pワイルドロデオ6750だぜぇ』のイメージキャラを務めるスギちゃんだって同じだ。2012年のR-1グランプリ準優勝をきっかけにブレイクしたとされ、お笑い芸人に詳しくないアタシでも名前と顔が一致する。今でもちょいちょいテレビで見かけるし、そんな彼の活躍にあやかろうとばかりに、2021年度の初打ちマシンとして当機をチョイスした次第だ。

【濱マモルの新台実戦記~ワイルドロデオ6750だぜぇ~】伸るか反るかの「激熱パチンコ」攻略へ挑む!!の画像2


 簡単にゲーム性を説明すると、まずは飛び込み口に玉を入れ、その玉が役物を経由してスタートに入賞すれば図柄が変動。確率49.9分の1で図柄が揃えばロデオチャレンジへと発展し、回転体に弾かれながらも玉が所定時間を耐え抜くことができればV入賞の末、MAX6750個の出玉を獲得できる。

 まさしく伸るか反るかのマシンであり、一発屋芸人と呼ばれるスギちゃんの抜擢はベスト。はてさて、一体どんな感じなのだろうかとハンドルを握ると、1回転目でいきなりのPUSH指示、よく分からぬまま指示に従うと、その瞬間に図柄3つ揃いが完成した。

 まさかの1回転目で第1関門クリアである。幸先よい展開だとハイテンションになると、続けてロデオチャレンジの制限時間も「60」→「40」→「20」とカウントアップ。「これは2021年、ついにアタシの年になるぞ」と興奮するも、所詮は3軍パチスロライターとしてくすぶる身、たったの1秒で玉はハズレへと弾き飛ばされてしまった。

【濱マモルの新台実戦記~ワイルドロデオ6750だぜぇ~】伸るか反るかの「激熱パチンコ」攻略へ挑む!!の画像3

 まぁまだ数十発しか使っていない。まだまだチャンスはあるだろうと打ち続けたところ、続いてのロデオチャレンジでは40秒。これもあっさりハズレへと吸い込まれたものの、お次のロデオチャレンジでは60秒ながらもスタート2秒で「聖域(ゾーン)」へと導かれた。

【濱マモルの新台実戦記~ワイルドロデオ6750だぜぇ~】伸るか反るかの「激熱パチンコ」攻略へ挑む!!の画像4

 この聖域へ玉が入れば、残り10秒までは無敵。要するに、あと10秒を耐え抜けば大当りを射止められるわけであり、この間に流れるドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」第4楽章は気分をいたずらに高揚させる。

 余談だが、通常時のスペシャルモーモータイム中に流れる「ゆかいな牧場」も何ともシュール。現在、横浜DeNAベイスターズのファーム打撃コーチを務める、元ロッテの大村巌の応援歌を思い出させる。「イワイワオー」ってやつね。

  話を戻そう。

「あと10秒、あと10秒」。1回目にわずか1秒で外した記憶など何処へやら、これならば耐え抜けるだろうと大当りを信じたアタシ。激しく動く玉の動きを見守ると、これぞ神のいたずらか、頑張り続けた球は残り1秒で引き寄せられるかのように突如として軌道を変え、ステージから姿を消してしまったのである。

 正直、パチンコを打って「マジかっ!」と声を出してしまったのは久しぶりだ。当たったらTwitterにアップしようとスマホで録画したものは即座に削除したが、この日はこれが最大の見せ場であり、結局、2万5千円を投資して大当りを射止めることはできなかった。

 初打ちは完敗。一発当てることは夢のまた夢と、2021年も波乱の年になりそうです。

投資:25,000円
獲得:0個
ロデオチャレンジ:8回(60→5回、40→2回、20→1回)

(文=濱マモル)


 


  

【濱マモルの新台実戦記~ワイルドロデオ6750だぜぇ~】伸るか反るかの「激熱パチンコ」攻略へ挑む!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!