NEW

JRA原因は三浦皇成・武豊・川田将雅? 単勝万馬券、100万馬券、10万馬券27本……荒れる冬競馬を検証! 意外な理由と今週狙える“超高額万馬券レース”とは

【この記事のキーワード】

, ,


 また条件別では、

新馬戦 1R
3歳未勝利 5R
3歳1勝クラス 1R
4歳上1勝クラス 3R
4歳上2勝クラス 5R
4歳上3勝クラス 2R
オープン・重賞 2R
障害未勝利 1R

 となっており3歳未勝利と4歳以上2勝クラスが波乱傾向にある。特に番組が少ない4歳以上2勝クラスは、先週11レースが行われて5レースで10万馬券が発生と、かなりの確率で波乱となっていることがわかる。

 さらに今年発生した100万馬券となったレースを見てみよう。

 先週は2日間だけで4本の100万馬券が飛び出したが、1月5日から11日までも6本の100万馬券が飛び出しており、今年はすでに合計10本の100万馬券が発生している。高額万馬券発生の要因は様々だが、その一つは騎手にありそうだ。

JRA原因は三浦皇成・武豊・川田将雅? 単勝万馬券、100万馬券、10万馬券27本……荒れる冬競馬を検証! 意外な理由と今週狙える超高額万馬券レースとはの画像2

 まず中山で飛び出した100万馬券を見てみると、三浦皇成騎手が人気で敗退しているのがポイント。三浦騎手は今年4勝しているが、すべて1番人気での勝利。2~3番人気では合計12回の騎乗で未勝利だ。特に芝のレースは19戦未勝利と結果が出ておらず、三浦騎手が芝で人気になると波乱になりやすい。そういったレースはあえて避けるか、思い切って高額万馬券を狙うのもいいだろう。

JRA原因は三浦皇成・武豊・川田将雅? 単勝万馬券、100万馬券、10万馬券27本……荒れる冬競馬を検証! 意外な理由と今週狙える超高額万馬券レースとはの画像3

 また中京コースの場合、騎手で見ると今年絶不調の川田将雅騎手が1~3番人気で敗退して3本の100万馬券、武豊騎手が1~3番人気で敗退して2本の100万馬券となっている。この二人は日経新春杯で96万馬券が飛び出した立役者(アドマイヤビルゴとヴェロックスに騎乗)でもあり、同時に人気を背負った場合は疑ってかかるべきだろう。


■狙いの条件

 今週10万馬券を狙うなら以下の条件がオススメだ。

・中山か中京
・4歳上2勝クラス
・ダート1200~1800m
・芝1200~1800m

 該当するのは中山が合計3レース、中京が合計2レース。そして中山なら三浦騎手が人気のレース、中京コースなら川田騎手や武豊騎手が人気の場合、さらに配当妙味が上がって狙いやすくなる。

JRA原因は三浦皇成・武豊・川田将雅? 単勝万馬券、100万馬券、10万馬券27本……荒れる冬競馬を検証! 意外な理由と今週狙える“超高額万馬券レース”とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!