NEW

【川崎記念(G1)展望】JRA最優秀ダート馬チュウワウィザード「回避」も、オメガパフューム「1強」にはならず!? 今年は“9年間勝利なし”南関勢も侮れない!?

【この記事のキーワード】

, ,

 JRAからは他に2頭が出走を予定している。ハナズレジェンド(牡8歳、栗東・矢作芳人厩舎)は昨秋、7歳にして初めてダートを使われ、カノープスS(OP)で勝利を飾った。その後、東京大賞典に挑戦したが、さすがにここでは相手が強く、7着に敗れた。しかし、メンバー最速の上がりをマークするなど、メンバー屈指の末脚を持っている。

 昨年の3着馬、デルマルーヴル(牡5歳、美浦・戸田博文厩舎)は、スタミナ比べの展開になれば上位争いも可能だろう。G1・7度目の挑戦で大駆けはあるか。

 地方勢も今年は骨っぽいメンバーがそろった。先月の東京大賞典でオメガパフュームのクビ差2着に入ったのがカジノフォンテンだ。2番手追走から直線しぶとく粘り、9番人気の低評価を覆す好走を見せた。

 母のジーナフォンテンは牝馬ながら、2003年の川崎記念で3着に食い込むなど、地方で8歳春まで活躍。18年前の母のリベンジに燃える。

 他にも、東京大賞典でオメガパフュームから0秒2差の5着に健闘したミューチャリー(牡5、船橋・矢野義幸厩舎)。トライアルの報知オールスターC(G)を制覇したタービランス(牡8歳、浦和・水野貴史厩舎)の2頭にも注意が必要だ。

 2011年に船橋所属のフリオーソが優勝して以降、JRA勢が9連覇中と圧倒しているこのレース。地元・南関勢の逆襲は見られるだろうか。

【川崎記念(G1)展望】JRA最優秀ダート馬チュウワウィザード「回避」も、オメガパフューム「1強」にはならず!? 今年は“9年間勝利なし”南関勢も侮れない!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!