NEW

JRA【シルクロードS(G3)展望】昨年の高松宮記念(G1)で“ハナ差接戦”も直線で明暗……モズスーパーフレアVSクリノガウディー!ラウダシオンの巻き返しにも期待!

JRA【シルクロードS(G3)展望】昨年の高松宮記念(G1)でハナ差接戦も直線で明暗……モズスーパーフレアVSクリノガウディー!ラウダシオンの巻き返しにも期待!の画像3

 クリノガウディーと同じく、先行して粘り強さを発揮してきたラウダシオン(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)も有力視される1頭だ。

 昨年のNHKマイルC(G1)では、9番人気の伏兵ながら見事優勝。昨秋は富士S(G2)2着から、マイルCS(G1)で古馬に挑んだが15着に大敗した。

 今回は1200mに距離を短縮する。デビュー戦勝利、そしてデビュー2戦目の小倉2歳S(G3)では3着に好走しており、心配の必要はないだろう。M.デムーロ騎手に手が戻り、混戦のスプリント路線に殴り込みをかけられるか。

 モズスーパーフレアを筆頭に逃げ・先行馬がハイペースを演出すれば、この馬の追い込みが炸裂するかもしれない。福永祐一騎手と2度目のコンビを組むシヴァージ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)だ。

 約1年前に芝路線に転向後、「1-0-0-7」と成績だけを見れば、信頼度は高くない。さらに極端な追い込み脚質で、展開の助けも必要。しかし、昨年の淀短距離S(L)から7戦連続で上がり最速をマークした末脚は本物だ。

 昨年の高松宮記念ではグランアレグリアと並ぶ上がり最速の33秒1を繰り出し、5着に食い込んだ。もともとダートで活躍していたパワータイプで、時計を要する馬場なら一発の可能性もある。

 このほかには、昨年のシルクロードSで2着、2走前のキーンランドCで重賞初制覇を飾ったエイティーンガール(牝5歳、栗東・飯田祐史厩舎)。同じ中京1200mで開催された前走の淀短距離Sを完勝したトゥラヴェスーラ(牡6歳、栗東・高橋康之厩舎)。4年前の高松宮記念(G1)を制したセイウンコウセイ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)らが出走を予定している。

 今年最初のスプリント重賞で高松宮記念に名乗りを上げるのはどの馬か。発走は31日の15時35分を予定している。

JRA【シルクロードS(G3)展望】昨年の高松宮記念(G1)で“ハナ差接戦”も直線で明暗……モズスーパーフレアVSクリノガウディー!ラウダシオンの巻き返しにも期待!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!