NEW

元JRA藤田伸二氏「何しとんねん!」大本命・武豊インティ潰した岩田望来の”不可解騎乗”に激怒……東海S(G2)ハイペース演出で玉砕

【この記事のキーワード】

, ,

元JRA藤田伸二氏「何しとんねん!」大本命・武豊インティ潰した岩田望来の不可解騎乗に激怒……東海S(G2)ハイペース演出で玉砕の画像1

 24日、中京競馬場で行われた東海S(G2)は、2番人気のオーヴェルニュ(牡5歳、栗東・西村真幸厩舎)が勝利。3連勝で重賞初制覇を果たし、2月のフェブラリーS(G1)への優先出走権を掴み取った。

「ペースが速くなったことで(折り合いが付きやすいので)楽に運べた」と勝因を語った川田将雅騎手は、これが今年2勝目。リーディング2位だった昨年の活躍を思えば、まだまだ本調子ではないが、この重賞勝利で流れが変わるかもしれない。

 一方、単勝2.0倍という圧倒的な1番人気に推されながら12着に大敗したのが、武豊騎手のインティ(牡7歳、栗東・野中賢二厩舎)だ。

 15頭立てダート1800mのレース。好スタートからハナを主張したインティだったが、外からケイアイパープルが食い下がると、内からダイシンインディーの岩田望来騎手が出ムチを入れて抵抗。これでペースが一気に速くなった。

 向正面に入って何とかハナを奪い切ったインティだったが、1000m通過は59.2秒のハイペース。最後の直線入り口では早くも後続に並びかけられ、ほぼ無抵抗のまま馬群に沈んだ。

 レース後、武豊騎手は「展開が厳しかったね。1、2コーナーで競られてリズムに乗れなかった」と厳しく競られた展開を敗因に挙げると「でも、少し止まりすぎだな。波がありますね」とインティに注文を付ける他なかった。

「前走のチャンピオンズC(G1)は上手く2番手から折り合ったんですが、今回はスタートしてすぐに内と外から挟まれる厳しい展開……1コーナーの入り口では、インティが頭を上げてエキサイトするシーンもありました。結果的には、これでほぼ終わってしまいましたね。

チャンピオンズCは10番人気でしたが、今回は単勝2.0倍の大本命。楽に逃がしてもらえない展開は武豊騎手もある程度覚悟していたかもしれませんが、かなり執拗にマークされた印象です。次走のフェブラリーSに大きな不安が残る内容になりました」(競馬記者)

 この結果に不満を露にしたのが、元JRA騎手の藤田伸二氏だ。

元JRA藤田伸二氏「何しとんねん!」大本命・武豊インティ潰した岩田望来の”不可解騎乗”に激怒……東海S(G2)ハイペース演出で玉砕のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!