NEW

JRAオヌシナニモノ「名将」に取り囲まれて御用!? 忍者の里・伊賀Sで”花守“将軍突破も、もう1人の名将”天晴“に捕まる……

【この記事のキーワード】

,

JRAオヌシナニモノ「名将」に取り囲まれて御用!? 忍者の里・伊賀Sで花守将軍撃破も、もう1人の名将天晴に捕まる……の画像1

 24日、現役屈指の珍名馬「お主、何者!?」こと、オヌシナニモノ(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)が登場。一時、トレンド入りを果たすなどファンの話題を呼んだ。

 オヌシナニモノが、忍者ハットリくんなどで有名な「伊賀」にちなんだ伊賀S(3勝クラス)に出走しただけでもシュールだが、最後の直線でしぶとい粘りを見せて2着に好走。勝ったメイショウテンセイにクビ差と勝利にあと一歩まで迫って見せると、馬券でもファンを喜ばせた。

「伊賀Sに現れたオヌシナニモノですが、終わってみれば『名将』に取り囲まれていましたね(笑)。

このレースには『メイショウ』の馬が3頭出走していたんですが、ゴール前で粘っていたメイショウハナモリをオヌシナニモノが交わしたところで、メイショウテンセイが強襲して勝利。最後はクビ+ハナの大接戦でした。残りのメイショウベンガルも5着に好走して、いずれも掲示板(5着以内)を確保するなど、面白い結果になりました」(競馬記者)

 ちなみにオヌシナニモノとメイショウ軍団とは、ちょっとした戦いの歴史がある。

 初対決となったのは、オヌシナニモノにとって3走目のオキザリス賞(1勝クラス)。現在オープン馬として活躍しているメイショウテンスイに勝ちを奪われてしまった。それを皮切りにメイショウビコーン、メイショウバルコラ、メイショウアゴニカ、メイショウロサン、メイショウヒボタン、メイショウメイリン、メイショウコゴミ、メイショウヴォルガと次々と対決……。

 そして、この日はメイショウハナモリとメイショウベンガルには先着したものの、メイショウテンセイに敗れ、メイショウ軍団に2度目の勝ちをさらわれてしまった。

 だがレース後、鞍上の松若風馬騎手が「枠も良くて、良い位置につけられました。最後もよく頑張っています。1200mのこのような条件も合うと思います」と話した通り、3勝クラスでも勝ち上がりのメドが立ったオヌシナニモノ。3勝クラスを突破すれば、いよいよオープンや重賞レースの挑戦となる。

「こういう競馬をできればチャンスはあります」

 そう松若騎手が飛躍に期待するオヌシナニモノ。現状は名前が先行している珍名馬だが、名に実が伴う日もそう遠くないはずだ。

JRAオヌシナニモノ「名将」に取り囲まれて御用!? 忍者の里・伊賀Sで”花守“将軍突破も、もう1人の名将”天晴“に捕まる……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!