NEW

JRA「超大物候補」アメリカンシードはグランアレグリアと共通点あり!? 超一流馬“量産計画”が「幻」に終わった悲劇……

【この記事のキーワード】,

JRA「超大物候補」アメリカンシードはグランアレグリアと共通点あり!? 超一流馬量産計画が「幻」に終わった悲劇……の画像1

 24日、中山競馬場で行われたアレキサンドライトS(3勝クラス・ダート1800m)はアメリカンシード(牡4歳、栗東・藤岡健一厩舎)が優勝した。

 ハナを奪い、最初の1000mを60秒6で通過したアメリカンシード。不良馬場とは言え、ハイペースであったことに違いない。だが、脚色は衰えることなく、最後の直線では後続を5馬身突き放す完勝だった。C.ルメール騎手はムチを一度も入れることなく、手綱を持ったままで、途中で後続との差を確認する余裕まで見せている。

 レース後、ルメール騎手は「前でまだ物見をしたり余裕がありました。自分の仕事が分かっていて賢い馬です」と話していることからも、底知れぬ能力を秘めていると考えられる。ダート界の新星として、注目すべき存在だろう。

 デビューから芝レースを使われてきたアメリカンシードは、若葉S(L)で3着に入り、皐月賞(G1)の優先出走権を獲得した。だが、迎えた本番は12着に惨敗。そして、確勝を期して臨んだ芝2200mの1勝クラスは単勝1.9倍の断然人気に推されるも、9着と結果が振るわなかった。

 そこで陣営が下した決断がダート転向である。主戦場をダートに移すと、5馬身差、7馬身差、5馬身差と3戦続けて圧巻の走りでオープン入りを決めた。

 4歳世代のダート馬はカフェファラオ、ダノンファラオが重賞ウィナーとして君臨しており、2頭の共通点はアメリカンファラオ産駒ということだ。

 その一方、同じ米国生まれのアメリカンシードはタピット産駒。テスタマッタ、ラビットランの2頭が重賞を制しており、グランアレグリアの母父であることから少しずつ日本の知名度も上がっている。とはいえ、まだまだ日本では馴染みの薄い血統だ。だが、米国ではリーディングサイアーに輝くなど、アメリカンファラオに負けない名種牡馬である。

 そんなタピットは20歳の高齢馬ということで、これから多くの産駒が日本で活躍する可能性は高くないかもしれない。そのため、日本競馬界は早くからタピットの後継種牡馬に目をつけていた。

 昨年、優駿スタリオンステーションを運営する株式会社優駿は2021年よりタピット産駒のタピザーを新種牡馬として導入することを発表した。

 タピザーは現役時代にブリーダーズCダートマイル(G1)を優勝。また、種牡馬としても18年のエクリプス賞最優秀3歳牝馬に輝き、15戦13勝(G1・7勝)で引退したモノモイガールを輩出するなど、結果を残している。

 まさにタピットの後継として、タピザーは日本のダート界を牽引することが期待された。

 だが、来日を目前に控えた昨年12月に米ゲインズウェイファームで馬房内の事故により死亡。日本に来ることなく、生涯に幕を閉じたのだった。

 もし、無事に来日することができていれば、アメリカンシードの活躍でタピザーはより脚光を浴びることになっていただろう。それだけに日本競馬界としてもタピザーの導入が幻に終わったのは、悔やまれる出来事である。

JRA「超大物候補」アメリカンシードはグランアレグリアと共通点あり!? 超一流馬“量産計画”が「幻」に終わった悲劇……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由