NEW

「M-1ファイナリスト」が告白。パチスロにハマり、過去に「自己破産」も

【この記事のキーワード】, ,

「M-1ファイナリスト」が告白。パチスロにハマり、過去に「自己破産」もの画像1

 お笑いコンビ「錦鯉」。2012年の結成以降、知る人ぞ知る存在だった彼らは2020年12月、「M-1グランプリ」の決勝に進出したことで一躍、脚光を浴びた。

 結果は4位だったものの、パチンコを題材としたネタはパチンコファンのみならず多くの人々の爆笑を誘い、ハズレリーチとして多用したインパクト大の一発ギャグにより、その中のワード「レーズンパン」がTwitterトレンドとして浮上するほどであった。

 そんなネタを大舞台で披露するだけあり、さぞパチンコ・パチスロが好きなのだろうと推測した方々も少なくはないだろうが…。

 先日公開された「日刊ゲンダイ」のインタビュー記事によると、立ち位置左、白スーツにスキンヘッドの長谷川雅紀は、やはりパチスロが大好きだった模様。30歳で北海道から上京後、ほどなくしてパチスロにハマり、深夜のバイト明けから何も食べずに夜まで打ち続けることが多かったという。

 バイトで月に20万円は収入があり、住まいも築60年のボロアパートだったことから家賃も3万円と安かったものの、パチスロにのめり込み過ぎてバイト先や消費者金融からも借金をし、40歳くらいの時には2、3社合わせて100万円ほどの借金があったとのこと。その後は相方・渡辺隆の勧めもあり、自己破産という手段を選択したのだそうだ。驚きの声もあがっている。

 M-1ファイナリストということで、最近は芸人としての仕事も増えている様子。「バイトをやめるのが目標」とコメントしている。

 長谷川は芸歴26年で、今年の7月で50歳。いつの日か、M-1グランプリの決勝で披露したネタ「CRまさのり」が現実のものとなるように、パチンコ・パチスロファンとしても応援したいものである。

【注目記事】

パチンコ「伝説の3つ穴クルーン」再臨!「10万発報告」もある爆発力で一発台の復権を狙う!!

甘デジ「お座り一発」からの“神展開”炸裂!「10万発」の野望に向けて「勝負を計算できる機種」を打てばいい!?

パチンコ店「リモコン」で“遠隔操作”は本当!? ホール店員が“真相”を実演!!

「M-1ファイナリスト」が告白。パチスロにハマり、過去に「自己破産」ものページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合