NEW

JRAインティ武豊「止まり過ぎ」本番前に弱点を露呈!? 今年早くも重賞1番人気「3連敗」の大不振!

【この記事のキーワード】,

JRAインティ武豊「止まり過ぎ」本番前に弱点を露呈!? 今年早くも重賞1番人気「3連敗」の大不振! の画像1

 腰痛による騎乗キャンセルから復帰した武豊騎手が思わぬ不振に喘いでいる。

 24日、中京競馬場で開催された東海S(G2)に1番人気インティとのコンビで出走したものの、12着と大敗を喫した。

 京都開催だった昨年の同レースでは3着に敗れたが、これまで2勝3着2回と得意の中京では19年に優勝。2度の3着はいずれもチャンピオンズC(G1)だったことを考えると、今年のメンバーでは実績的にも抜けた存在でもあり、1番人気の支持を集めたのも当然だったといえる。

 これはインティとのコンビで抜群の相性を誇る鞍上の武豊騎手にとっても、同じ思いだったに違いない。

 だが、インティはカギとなるスタートで好発を決めたものの、岩田望来騎手のダイシンインディーから執拗に競り掛けられる展開。逃げても引っ掛かるところのある気性の難しさが、年齢を重ねるごとに顕著となって来たインティにとっては苦しい状況となってしまった。

 後ろからプレッシャーを受け続けたこともあり、不良のダートとはいえ1000mの通過は59秒3のハイペース。熱くなり過ぎたインティにとって、直線で抵抗する余力は残っていなかった。気分よく走れないときには脆さを見せる同馬には、過酷な流れとなってしまったことは間違いないだろう。

「一部では、強引に競り掛けたダイシンインディーの騎乗を責める声もありますが、これも競馬ですから仕方ありません。大物騎手が逃げ馬に乗るからといって、”空気を読まなければならない”ルールはないですからね。

むしろインティの直後から楽に抜け出したオーヴェルニュの強さを感じた結果だったようにも感じます。改めて突つかれたら能力を発揮できないという弱点が露呈したことで、フェブラリーS(G1)でも厳しい戦いが予想されます」(競馬記者)

 さらに大きな痛手となりそうなのが、武豊騎手の調子がなかなか上がって事ないことだ。

JRAインティ武豊「止まり過ぎ」本番前に弱点を露呈!? 今年早くも重賞1番人気「3連敗」の大不振! の画像2

 東海Sを敗れたことにより、京都金杯(G3)のシュリ、日経新春杯(G2)のアドマイヤビルゴに続き、今年に入ってから重賞の1番人気馬で3連敗となってしまった。

 当然ながらそれぞれの敗戦には展開や馬場などを含め、武豊騎手の騎乗が直接的な敗因だったのかというとそうとは言えない事情もある。

 そうはいっても競馬界のレジェンドは屈指の注目を集める存在でもある。勝っても負けても目立つことは致し方ないだろう。

 同じエージェントを擁するC.ルメール騎手が3週連続で重賞勝ちを決め、抜群の存在感を見せているだけに、両者の明暗が余計に際立ってしまったのかもしれない。

JRAインティ武豊「止まり過ぎ」本番前に弱点を露呈!? 今年早くも重賞1番人気「3連敗」の大不振!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  5. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは