NEW

JRAアドマイヤビルゴに続く「第2の矢」! 弱小「4歳世代」の今後を占う友道康夫厩舎「大物候補」が始動

【この記事のキーワード】

,

JRAアドマイヤビルゴに続く「第2の矢」! 弱小「4歳世代」の今後を占う友道康夫厩舎「大物候補」が始動の画像1

 年末から続いた中山開催も終わり、今週からは東京開催が始まる。

 そんな東京競馬場の初日に行われる白富士S(L)にスタンバイしているのが、現在3連勝中と勢いに乗るポタジェ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)。飛躍が期待される明け4歳となり、今年の初戦は川田将雅騎手を鞍上に予定している。

 先週、中山競馬場で行われたAJCC(G2)では、明け4歳のアリストテレス、ヴェルトライゼンデがワンツーフィニッシュ。これまで4歳世代のレベルの低さが指摘されてきたが、それを見事に払拭する走りを見せた。

 ポタジェは、川田騎手の騎乗でデビュー戦を快勝。だが、黄菊賞(1勝クラス)ではC.スミヨン騎手、プリンシパルS(L)とその後の1勝クラスでは武豊騎手が騎乗し、ともに勝ち切れず2着に惜敗している。

 しかし、再び川田騎手に手綱が戻り、生田特別(1勝クラス)、西部日刊スポーツ杯(2勝クラス)、岸和田S(3勝クラス)と3連勝。川田騎手とは4戦負けなしの好相性でオープン入りを果たしており、今回の初富士Sでも期待は高まるばかりだ。

JRAアドマイヤビルゴに続く「第2の矢」! 弱小「4歳世代」の今後を占う友道康夫厩舎「大物候補」が始動の画像2

 4歳世代の遅れてきた大物といえば、アドマイヤビルゴも同じ友道厩舎の管理馬。同馬は藤岡康太騎手が騎乗した京都新聞杯(G2)では敗れはしたものの、武豊騎手では4連勝し大きな期待を集めていた。

 しかし、前走の日経新春杯(G2)では1番人気に推されながらも、まさかの10着惨敗。騎乗した武豊騎手も「レース前の雰囲気は良かったし、いい位置も取れたのに、直線に向くと一気に手応えがなくなったね。これだけ走らなかったのは初めてだけど、この一戦だけでは何とも……」と首を捻っている。

「アドマイヤビルゴと同じく、ポタジェも今年の飛躍が期待される1頭ですよね。アドマイヤビルゴの場合は前走がG2で相手が大幅に強化されたことも敗因の一つではないでしょうか。アドマイヤビルゴもリステッド競走のアンドロメダSは勝利していますし、ポタジェもここは無事に突破して欲しいですね」(競馬記者)

 確かに、アドマイヤビルゴが前走敗れたのはG2の日経新春杯。今回ポタジェが出走する初富士Sは、アドマイヤビルゴが勝利したアンドロメダSと同じリステッド競走なのだから勝機は見出せそうだ。

 ただ、AJCCでワンツーを決めたアリストテレスとヴェルトライゼンデは、ともにクラシックで好走。やはり、今後の重賞挑戦を考えると、クラシック上位組との差は考えておかなければならないかもしれない。

 アドマイヤビルゴの日経新春杯と同じく、ポタジェも今回が2021年の初戦。無事に突破して同世代の活躍馬を脅かす存在となることに期待したい。

JRAアドマイヤビルゴに続く「第2の矢」! 弱小「4歳世代」の今後を占う友道康夫厩舎「大物候補」が始動のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!