NEW

JRA充実一途のラウダシオン「マッチョ化」が仇に!? シルクロードS(G3)父リアルインパクトの現役時代に隠されたヒントとは……

【この記事のキーワード】

,

JRA充実一途のラウダシオン「マッチョ化」が仇に!? シルクロードS(G3)父リアルインパクトの現役時代に隠されたヒントとは……の画像1

 31日、中京競馬場ではシルクロードS(G3)が開催される。高松宮記念(G1)と同じ舞台で行われる前哨戦を制して春のスプリント王決定戦に名乗りを上げるのは果たしてどの馬になるのか。

 26日現在、『netkeiba.com』の予想オッズでモズスーパーフレアに次ぐ支持を集めているのがラウダシオン(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 昨年春には9番人気の低評価を覆し、NHKマイルC(G1)を制覇した実力の持ち主。秋は富士S(G2)から始動し、2着に好走した。しかし、強豪古馬に挑んだマイルCS(G1)では15着という結果に終わった。

JRA充実一途のラウダシオン「マッチョ化」が仇に!? シルクロードS(G3)父リアルインパクトの現役時代に隠されたヒントとは……の画像2

 今回は手が合うM.デムーロ騎手に手が戻り、G1馬の意地を見せたいところ。20日の1週前追い切りでは、栗東CWで一杯に単走で追われ、6ハロン81秒2-ラスト11秒9という好時計をマークした。4歳を迎え馬体・気性の両面で、その充実ぶりがうかがえる。

 ただし、気になるのが馬体重だ。5か月半ぶりとなった富士SではNHKマイルCから16kg増。そのほとんどがひと夏を越した成長分で、まさに“マッチョ化”した馬体に見えた。続くマイルCSでもさらに2kg増え、その体型はマイラーというよりもスプリンターのそれに近づいていた。

 今回は距離を短縮し、2歳夏以来となる1200m戦に臨むが、その馬体を見る限りは激走に期待が持てそうだ。しかし、ラウダシオンにとって、“マッチョ化”は逆に仇となるかもしれない。

「父のリアルインパクトは、3歳時に安田記念(G1)を制した一流マイラーでした。その後は、7歳秋まで短距離路線で長く活躍。G1・2勝目は叶いませんでしたが、阪神C(G2)を2連覇したほか、豪州でも重賞制覇を果たしました。

リアルインパクト自身、筋肉量が豊富な大型馬でしたが、現役時代の馬体重を振り返ると、安田記念制覇時は自己最軽量(タイ)の494kg。休養に充てた3歳夏に馬体を大きく増やし、秋の毎日王冠(G2)では14kg増の508kgで出走しました。その後は最高で538kgに達するなど、500kgを下回ることは一度もありませんでした。古馬になってからは馬体重の増減が激しかったのですが、(馬体を)絞って出走してきたときに高いパフォーマンスを発揮していたイメージがあります」(競馬誌ライター)

 実際にリアルインパクトは現役時代、520kg以上で出走した時は「0-1-0-9」と凡走が多かった。“マッチョ化”が逆にそのスピードを削いでいたのかもしれない。

 そのリアルインパクトの初年度代表産駒でもあるラウダシオン。3歳春にG1を制した戦歴、そして3歳秋までの馬体の充実ぶりは父と重なる。

 マイルCS以来、約2か月ぶりの実戦で、その馬体はさらに凄みを増しているのか。レース当日の馬体に注目したい。

JRA充実一途のラウダシオン「マッチョ化」が仇に!? シルクロードS(G3)父リアルインパクトの現役時代に隠されたヒントとは……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!