NEW

JRA福永祐一「YouTuber」へ!? 持ち込み企画で「意欲満々」現役トップジョッキー初の試みも実現は「ホリプロ」との交渉次第か

【この記事のキーワード】

,

JRA福永祐一「YouTuber」へ!? 持ち込み企画で「意欲満々」現役ジョッキー初の試みも実現は「ホリプロ」との交渉次第かの画像1

 26日、YouTubeで公開された『netkeiba.com』の『トークスクランブル』にて、福永祐一騎手が「YouTuber」デビューをほのめかしている。

 福永騎手といえば、競馬学校騎手課程に1993年に入学した「花の12期生」の一人。JRA史上2人目となるデビューからの連勝、武豊騎手以来となる新人での50勝を達成するなど華々しいデビューを飾っている。

 デビューから25年目となった昨年は、騎乗したコントレイルがデビューから7連勝で牡馬クラシック三冠制覇を達成。三冠ジョッキーの仲間入りをして、今や押しも押されもせぬトップジョッキーに成長した。

 動画では福永騎手に加え、牝馬三冠ジョッキーとなった松山弘平騎手、さらには昨年までニューヨーク・ヤンキースに所属していたメジャーリーガーの田中将大投手を迎え、豪華メンバーでトークが行われた。

 序盤は「どんな子供だったか」などの話題で盛り上がりを見せ、福永騎手はジョッキーなった理由として、元ジョッキーである父(福永洋一氏)よりも武豊騎手の影響が大きかったと振り返っている。

JRA福永祐一「YouTuber」へ!? 持ち込み企画で「意欲満々」現役ジョッキー初の試みも実現は「ホリプロ」との交渉次第かの画像2

 歴史が好きで教師になろうかとも思ったそうだが、当時は武豊騎手がデビューして数年が経った頃。武豊騎手もG1で目立つ存在となり、オグリキャップなどで活躍を見せていた。まさに競馬ブーム真っただ中で、スポーツ新聞でも一面を飾ることが多かったという。

 決定的となったのが、武豊騎手がアイドルであった佐野量子さんと付き合っていたことや、白いポルシェに乗っていたことだと打ち明けた福永騎手。これらが決め手となり「これだな」と思ったそうだ。

 トーク終盤で「やってみたいこと」を聞かれた際には、「YouTuberデビューですかね」と発言。一昨年の11月に出演した吉本興業所属「ビタミンS・お兄ちゃん」のYouTubeチャンネル『お兄ちゃんネル』では自身で企画を持ち込む意欲を見せていただけに、以前から少なからず興味はあったのだろう。最近になってYouTubeを見だしたという福永騎手だが、好きなタイミングで見られることを便利だと感じているようで、発信する側にとっても良いツールではないかという思いを今回の動画では語っている。

 これまで『ジャンクSPORTS』(フジテレビ)など数々のテレビ番組に出演してきたが、地上波ではスポーツ番組にしても競馬を扱うものは僅か。「競馬の魅力を伝えたいですよ」と語ったのには、やはり「競馬人口の普及」を目的としたトップジョッキーとしての自覚があるからなのかもしれない。

 現役ジョッキーでは宮崎北斗騎手が『カラダマニアちゃんねる』というYouTubeチャンネルを開設しているが、リーディング上位のトップジョッキーとしては初の試みとなるだけに実現への期待は大きい。福永騎手がYouTuberデビューを果たせば、大きな注目を集めることになるだろう。

 YouTuberとしての活動に興味があるとしながらも、最後は「事務所との取り分がどうなっているのか聞いてからですけど」と冗談っぽく話し、笑いをとった福永騎手。現在は、芸能プロダクションの「ホリプロ」とマネジメント契約を結んでおり、交渉次第ではJRA現役トップジョッキー初の「YouTuber」として、華々しいデビューがみられるかもしれない。

JRA福永祐一「YouTuber」へ!? 持ち込み企画で「意欲満々」現役トップジョッキー初の試みも実現は「ホリプロ」との交渉次第かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!