NEW

先週も飛び出した602万馬券! 波乱の冬競馬で狙える今週の“高額万馬券レース”と穴馬はコレ!

【この記事のキーワード】,

先週も飛び出した602万馬券! 波乱の冬競馬で狙える今週の高額万馬券レースと穴馬はコレ!の画像1

 先週も602万馬券が飛び出し、さらに10万馬券が20本と冬競馬の荒れっぷりは止まらない。その中で、先週推奨した超高額万馬券狙いのレース「土曜中京11R豊明S」は、狙い通りに11番人気タガノスカイハイが好走し、3連単は15万馬券が飛び出した。

 この荒れる傾向は今週も続きそうで、特に開催5週目の中京競馬場はBコースに替わることもあり、さらに難解なレースが多くなりそうだ。

 その中京競馬場の芝コースで行われるハンデ戦は波乱の連続、先週までに中京の芝ハンデ戦は7レース行われたが、3連単だけで100万馬券が2本、さらに96万馬券、18万馬券、15万馬券、2本の万馬券と荒れに荒れており、この条件は波乱必至。そういった意味でも、荒れる冬競馬で高額万馬券を狙うなら、中京の芝ハンデ戦こそが最適な勝負レースといえる。

 そして今週もファンの期待に応えるべく、中京競馬場で芝のハンデ戦が行われる。そのハンデ戦こそ今週の高額万馬券狙いのレースであり、注目重賞レースのシルクロードS(G3)だ。

 このレースは例年京都競馬場で行われているが、それでも波乱が続出だった。過去10年はすべて万馬券決着で、10番人気以下の人気薄穴馬は9頭も馬券に絡んでおり、10番人気以下が馬券に絡まなかったのはその10年で2回しかない。なお1番人気は【3.1.0.6】、2番人気は【4.1.0.5】とマズマズの成績なので、上位人気と10番人気以下の組み合わせが狙いともいえる。実際に2019年は1番人気ダノンスマッシュが勝利したが、2着11番人気、3着12番人気という波乱で3連単は24万馬券となっている。

 もともと荒れる事情がありながら、今年は中京競馬場で行われるのだから、今年のシルクロードSはさらに波乱含みといえる。今週はこのシルクロードSを高額万馬券狙いレースとして照準を合わせ、激走が期待できる穴馬を探してみた。


■今週のオススメ高額万馬券レース・シルクロードS(G3)

 先週の豊明Sもそうだったが、中京の芝ハンデ戦で好走している人気薄穴馬は、いずれも関西馬で関西所属騎手が騎乗。さらに前走から斤量が軽くなっているか同斤量で、前走は3~10着であり、牡馬が中心で5~8歳、そして前走は10月以降という傾向にある。

※中京芝ハンデ戦で激走する穴馬の条件

・関西馬
・関西所属騎手
・斤量は前走から軽くなっているか同斤量
・前走は3~10着
・5~6歳中心
・牡馬中心
・馬体重458㎏以上
・前走は昨年10月以降

 続いてシルクロードSの穴馬についても見てみよう。過去10年で10番人気以下で激走した9頭を見てみると、下記の条件が当てはまる。


※シルクロードSで激走する10番人気以下の条件

・関西馬優勢
・関西所属騎手
・前走10月以降に出走
・重賞出走経験あり
・年齢は5~9歳、ただし牝馬は5~6歳のみ
・斤量は牡馬が53~57kg、牝馬は53kg
・前走2着以下

先週も飛び出した602万馬券! 波乱の冬競馬で狙える今週の“高額万馬券レース”と穴馬はコレ!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?