NEW

JRA「親子の縁を切ります」大物2世が天敵に絶縁状!? オメガパフュームに続きまたも惜敗……。“恨み”の矛先はついに父親へ

【この記事のキーワード】, ,

JRA「親子の縁を切ります」大物2世が天敵に絶縁状!? オメガパフュームに続きまたも惜敗……。恨みの矛先はついに父親への画像1

 1月31日に行われた根岸S(G3)はレッドルゼルが初の重賞制覇を飾った。

 前走のカペラS(G3)は大外から猛然と追い込むもクビ差届かず2着。今回は馬群の間を縫って進出し、先に抜け出したタイムフライヤーを捉え、最後はワンダーリーデルの追撃をアタマ差退けた。

 手綱を取った川田将雅騎手は東海S(G2)に続いて、2週連続の重賞制覇。今年はスタートこそ不調だったが、重賞の舞台で復調をアピールした。

 その一方、10番人気の低評価ながら、惜しくも2着に敗れたワンダーリーデル(牡8歳、栗東・安田翔伍厩舎)陣営は悔しさを露にしている。

 鞍上の田中勝春騎手は「良い脚でしたが、最後の最後で止まってしまいました。残念です」と肩を落とした。同騎手は19年の函館記念(G3)をマイスタイルで制して以来、1年半以上も重賞制覇から遠ざかっており、さらに今年は未勝利。久々の重賞制覇だけでなく、今年初勝利をあと一歩のところで逃したのは残念に違いない。

 ただ、それ以上にこの敗戦を悔しがっているのが安田翔伍調教師だ。

 勝ったレッドルゼルを管理しているのは父である安田隆行調教師。目前に迫った重賞制覇を父親に阻まれたのだ。

 かつて安田翔調教師は父の厩舎で調教助手を務めていたが、16年に調教師試験を合格、18年に厩舎を開業。今は親子で調教師同士ということでライバル関係にある。

 レース後、安田翔調教師は自身のTwitterに「藁人形でーきた!あとは写真を顔につけて」というコメントと一緒に、ハッシュタグ「親子の縁を切ります」と投稿。また、「親子ワンツーは4回目(重賞は初)。すべて父が先着」という旨の記事をリツイートし、「やかましわ(原文ママ)」と涙を流した顔文字を添えてつぶやいた。

 かなり厳しい言葉が並んでいるが、安田翔調教師はこれまでにもユーモア溢れる投稿を行っている。仲がいい斎藤新騎手が昨年のCBC賞(G3)をラブカンプーで制し、初の重賞勝ちとなった際には、斎藤騎手の写真と一緒に似ているということを暗に示しながら『ちびまる子ちゃん』に登場する「はまじ」の画像を投稿して祝福した。

 今回はなかなかエッジの効いた冗談ではあるが、父に敗れて相当悔しかったことが伝わる。

 先日の川崎記念(G1)でも管理するオメガパフュームが2着に敗れ、重賞で惜敗が続いている安田翔厩舎。次こそは親子対決を制して、喜びのツイートが見られることに期待したい。

 そのとき、どのようなコメントをするのかも気になるところだ。

JRA「親子の縁を切ります」大物2世が天敵に絶縁状!? オメガパフュームに続きまたも惜敗……。“恨み”の矛先はついに父親へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  4. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  5. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  6. JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】
  7. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  8. JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙う
  9. JRAヴィクトリアマイル(G1)はソダシ、デアリングタクト、レイパパレをまとめてバッサリ! 3強が持つ弱点とは
  10. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待