NEW

JRAダート「大失敗」ステルヴィオに、横山武史騎手も「やはり芝の方が……」ロードカナロア産駒で明暗くっきり「決定的」な違いとは

【この記事のキーワード】, ,

JRAダート「大失敗」ステルヴィオに、横山武史騎手も「やはり芝の方が……」ロードカナロア産駒で明暗くっきり「決定的」な違いとはの画像1

 ロードカナロア産駒でも明暗を大きく分けた。

 1月31日に行われた根岸S(G3)はレッドルゼルが優勝。フェブラリーS(G1)に向けて価値ある勝利となった。

 管理する安田隆行調教師にとっても感慨深い勝利だったようだ。

 レース後、安田隆調教師は「ロードカナロア産駒がダートの重賞を勝っていなかったので、これはうちの厩舎で勝たないと、と思っていました。ダートで勝っていないのは、たまたまですね」とコメント。かつて自身が管理した名スプリンターの産駒でダート重賞一番乗りを果たし、喜びもひとしおの様子だ。

 ロードカナロアは現役時代に芝でG1・6勝を挙げていることから、活躍している産駒も芝の方が多い。アーモンドアイ、サートゥルナーリア、ダノンスマッシュなどに代表される。

 だが、安田隆厩舎の管理馬はダートでも好走しているというデータがある。

●ロードカナロア産駒の通算成績(勝率、連対率、複勝率)
・全体
芝   12.4%、22.3%、30.6%
ダート 10.3%、19.1%、27.9%

・安田隆厩舎
芝   22.8%、36.5%、45.2%
ダート 21.9%、42.1%、53.5%

 全体では芝優勢の傾向だが、安田隆厩舎の管理馬ではダートでも遜色ない成績。むしろ連対率と複勝率に関してはダートが上回っている。そのため、レッドルゼルが重賞制覇してロードカナロア産駒がダートも走るということが証明できて嬉しいのだろう。

JRAダート「大失敗」ステルヴィオに、横山武史騎手も「やはり芝の方が……」ロードカナロア産駒で明暗くっきり「決定的」な違いとはの画像2

 その一方、同じロードカナロア産駒でダートデビューに失敗したのがステルヴィオ(牡6歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 18年のマイルCS(G1)勝ち馬であるステルヴィオだが、それ以降は2年以上も勝利から遠ざかっている。そこで下された決断が根岸Sの出走、つまりダート転向だった。

 昨年の根岸Sは初ダートのモズアスコットが優勝し、勢いそのままフェブラリーSも制した。このほかにも、クリンチャー、エアアルマスなど芝からダート転向で能力開花した馬もいるため、ステルヴィオにも期待がかかった。

 しかし、結果は10着に惨敗。レース後、横山武史騎手が「スタートで脚を取られる感じがしたので、現状は“やはり”芝のほうが良さそう」と話していることからも、ダートは合わなかったようだ。

 モズアスコットは父フランケルということでダート適性を疑問視されたが、母系が米国血統ということが成功のカギだった。

 その一方、ステルヴィオの母父は欧州馬のファルブラヴ。産駒の重賞勝ちはすべて芝レースである。それに対して、レッドルゼルの母父は米国馬のフレンチデピュティ。クロフネ、サウンドトゥルーなどのダートG1を制した産駒を輩出していることからも、母系のダート適性はこちらの方があったと考えられる。

 もしかすると、横山武騎手が「やはり」と話したのはこのあたりかもしれない……。

 今回、ステルヴィオはダートデビューを失敗に終わったが、まだまだ芝での活躍に期待できるだろう。かつてはロゴタイプも根岸Sで惨敗しており、その後に安田記念(G1)を制している。

 年齢的に衰えも懸念されるステルヴィオだが、次こそは適性舞台で能力を発揮してほしいものだ。

JRAダート「大失敗」ステルヴィオに、横山武史騎手も「やはり芝の方が……」ロードカナロア産駒で明暗くっきり「決定的」な違いとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合