NEW

JRA 「手術決断」ステルヴィオ第2のダイワメジャー襲名も!? C.ルメールが残した意味深コメントに希望……奇跡的な復活に向け光を灯す逆襲のサイン

JRA 「手術決断」ステルヴィオ第2のダイワメジャー襲名も!? C.ルメールが残した意味深コメントに希望……奇跡的な復活に向け光を灯す逆襲のサインの画像1

 ターフに戻ってくるのは、いつになるのだろうか……。

 3日、ステルヴィオ(牡6歳、美浦・木村哲也厩舎)が喉の手術を受けることを、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブが発表した。

 皐月賞(G1)までダノンプレミアム以外に敗れたことがなかった同馬は、「世代No.2」といえる存在だった。2歳時に朝日杯FS(G1)で2着と好走すると、翌年にはマイルCS(G1)で勝利するなどの活躍を見せた。

 晴れてG1馬となったステルヴィオは、次の中山記念でも休み明けながら3着と健闘。続く大阪杯では、叩いた上積みも期待されていた。

 しかし、大阪杯では初の2桁着順となる14着に惨敗。レース後、丸山騎手は「喉が少し鳴っていたことと、距離が長いせいか、勝負どころで左に張るようなところがありました」とコメント。この頃から、病魔の手は迫っていたのだろう。

 マイル戦に戻った次走の安田記念(G1)でも、復調は見られず8着と再び惨敗。その後は短距離戦へと主戦場を移した。

 復調の兆しが見られたのは2着に好走した京王杯スプリングC(G2)で、続くスワンS(G2)でも2着と健闘。復活間近かと思われたが、近2走で2桁着順の惨敗を喫し今に至っている。

 スプリンターとして活躍したロードカナロアの仔だけに、短距離馬と見る声もあったステルヴィオ。しかし、距離短縮には喉の影響もあったのではないかと記者は話す。

「大阪杯辺りからノド鳴りの傾向が見られたようですし、その後は1戦毎に距離を短縮していましたよね。やはり喉なりの影響は大きかったのかもしれません。皐月賞は脚を余す形でしたし、ダービーも内有利の馬場で外を回したのが敗因だと思われます。1800mでも問題なかった馬ですから、手術後は中距離も視野に入って来そうです」(競馬記者)

JRA 「手術決断」ステルヴィオ第2のダイワメジャー襲名も!? C.ルメールが残した意味深コメントに希望……奇跡的な復活に向け光を灯す逆襲のサインの画像2

 マイル戦でデビューしたステルヴィオだが、騎乗したC.ルメール騎手は当時「距離はもう少し長くても大丈夫」と話しており、その後も幾度となく「2000mまでは大丈夫」という趣旨の発言を繰り返してきた。陣営もノド鳴りの疑惑がある中で、恐る恐る使った結果が距離短縮に繋がっていったのかもしれない。

 3日に喉の検査を受けたところ、以前より弁の動きが悪くなっていることが判明したステルヴィオ。手術を受けることになったが、過去の例から競走能力が戻ることは1~2割とされている。

JRA 「手術決断」ステルヴィオ第2のダイワメジャー襲名も!? C.ルメールが残した意味深コメントに希望……奇跡的な復活に向け光を灯す逆襲のサインのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合