NEW

JRA福永祐一、C.ルメールでもダメだった12番人気カテドラルが2着激走! 東京新聞杯(G3)「勝ったと思った」絶好調・田辺裕信が見せた「マジック」とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA福永祐一、C.ルメールでもダメだった12番人気カテドラルが2着激走! 東京新聞杯(G3)「勝ったと思った」絶好調・田辺裕信が見せた「マジック」とはの画像1
カテドラル 競馬つらつらより

「勝ったと思ったが……」

 7日、東京競馬場で行われた東京新聞杯(G3)は、5番人気のカラテが勝利。鞍上の菅原明良騎手にとっては嬉しい重賞初制覇となった。

 一方で、三連単は26万7610円の高配当。12番人気で2着と波乱の立役者となったカテドラル(牡5歳、栗東・池添学厩舎)の鞍上は関東の名手・田辺裕信騎手だ。

 16頭立てで行われた芝1600mのレース。好スタートを決めたカテドラルだったが、無理せず後方から。レース後に田辺騎手が「リズム良く走れていた」と振り返った通り、道中の折り合いは抜群。最後の直線では内々でレースを進めた分、前が壁になったが、落ち着いて外に出すと上がり3ハロン2位の末脚で、勝ち馬とアタマ差の接戦に持ち込んだ。

 3歳春にはNHKマイルC(G1)で3着するなど将来有望だったカテドラルだが、その後は古馬の壁にぶち当たって1年以上も馬券にさえ絡めず。昨夏の朱鷺S(L)を勝って、ようやく連敗を止めたものの、スワンS(G2)では福永祐一騎手を背に7着……。

 今回と同じ東京マイル戦だった前走のキャピタルS(L)では、C.ルメール騎手が騎乗したこともあって2番人気に支持されたが9着に惨敗。そんな経緯もあって、今回は16頭中12番人気と大きく人気を落としていた。

JRA福永祐一、C.ルメールでもダメだった12番人気カテドラルが2着激走! 東京新聞杯(G3)「勝ったと思った」絶好調・田辺裕信が見せた「マジック」とはの画像2

「勝ったかなと思ったけど、いい脚がちょっとした使えなかったので、その分差し返されてしまった」

 そう悔しそうに振り返った田辺騎手。今年の重賞初制覇をあと一歩で逃してしまった格好だが、福永騎手やルメール騎手で結果が出なかった穴馬を激走させた手腕は健在。レース後にはカテドラルを応援していたネット上のファンを中心に、その騎乗ぶりを絶賛する声が集まった。

「最後の直線で前が壁になった際、無駄に脚を使わずに進路を探したのが好結果に結び付いたと思います。前走のキャピタルSに騎乗したルメール騎手が『使える脚が短い』と話していましたが、今回が初コンビだった田辺騎手はそんな弱点を上手くカバーした騎乗。最後は差し返されてしまいましたが、あと一歩という好騎乗でした」(競馬記者)

 この日の田辺騎手は、東京新聞杯も含めた6鞍に騎乗して3勝と絶好調。特にゆりかもめ賞(1勝クラス)は芝2400mと、本人が「牝馬でここは使うだけでも難しい」と話す3歳牝馬にとっては厳しい舞台だったが、紅一点のパープルレディーで見事に差し切っている。

 この勝利は春のオークス(G1)に向けて、大きなアドバンテージになるはずだ。

「田辺騎手は、この日の3勝で今年16勝。全国リーディング4位、関東リーディング1位と好調を保っています。特に74勝に終わった昨年は2着が87回、3着が78回と今一歩勝ち切れない印象でしたが、今年は2着、3着ともに5回ずつと驚異的な勝負強さを見せています。今回のような穴を空けることも多いですし、今の田辺騎手は『買い』の一択ですね」(同)

 毎年のようにリーディング上位に名を連ねている田辺騎手だが、意外にも関東リーディングを勝ち取った経験はない。昨年、史上最年少でリーディングを獲った横山武史騎手や戸崎圭太騎手などの強敵は健在だが、今年こそ関東のトップジョッキーの座を射止めたいところだ。

JRA福永祐一、C.ルメールでもダメだった12番人気カテドラルが2着激走! 東京新聞杯(G3)「勝ったと思った」絶好調・田辺裕信が見せた「マジック」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合