NEW

阪神・矢野燿大監督「事なかれ主義」浮き彫りに「何してんの、もうええよ!」岡田彰布元監督が大激怒! ルーキー「暴投連発」で大山、近本、梅野ら主力級があわや大怪我も……

【この記事のキーワード】

, ,

阪神・矢野燿大監督「事なかれ主義」浮き彫りに「何してんの、もうええよ!」岡田彰布元監督が大激怒! ルーキー「暴投連発」で大山、近本、梅野ら主力級があわや大怪我も……の画像1

 7日、沖縄・宜野座で春季キャンプを行っているプロ野球・阪神タイガースが2度目となる紅白戦を行ったが、そこで「あわや」のアクシデントがあった。

 3-5で迎えた最終回の白組の攻撃。本来ならすでに勝負は決していたが、練習もかねて7回裏が行われた。

 マウンドに上がったのは、今回が”プロ初登板”となる昨年のドラフト3位・佐藤蓮投手。誰でも緊張して当然のシーンだが、この日の佐藤投手は完全に舞い上がってしまっていたようだ。

 初球、いきなりストレートが引っ掛かり高山俊選手の頭部付近へ。倒れそうになりながらも辛うじて交わした先輩が、2球目を強烈なライナーで一塁線を破ったところから“悲劇”は始まった。

 いきなりピンチを背負ってしまった佐藤投手は、その後も制球がまったく定まらない。続く山本泰寛選手にはストレートの四球だったが、変化球が抜けてまたも頭部付近へ。

 マウンドに野手が集まり、先輩たちが励ましの声を掛けたことも空しく、続く近本光司選手にはまたもストレートが引っ掛かって、今度は背中付近に直撃……。続いて主砲の大山悠輔選手が打席に立ったが、やはり危険なボールが続いて押し出し四球。続く梅野隆太郎選手はアウトに獲ったものの、井上広大選手には初球の変化球が抜けて肩を直撃した。

 結局、試合は佐藤投手が2アウトを獲ったところで異例の打ち切りに……。やや遅過ぎた感のある首脳陣の判断に激怒したのが、元阪神監督の岡田彰布氏だった。

 この日、スカイA『猛虎キャンプリポート』にゲスト解説として出演していた岡田元監督は、いち早く佐藤投手の異常を危険視。近本選手が死球を受けた段階で「大山まででゲームセットにした方がええ」と忠告したが、試合はそのまま続き「え?まだやんの……」しばらくして「何をしてんの、もうええよ!」と声を荒げた。

「佐藤投手には気の毒だと思いますが、ストレートを投げては引っ掛かり、変化球は抜ける、まさに八方塞がりの状態。岡田氏が言った通り、他の選手にとって非常に危険な状況でした。

阪神の首脳陣も途中で福原忍投手コーチや井上一樹ヘッドが、矢野燿大監督に相談してはいましたが、そのまま試合がダラダラと続いた印象です。正直、佐藤投手の乱調よりも、首脳陣の統制力の無さや判断力の低さが目につきましたね。

佐藤投手と対戦したのは近本選手や大山選手、梅野選手など主力の選手ばかり。主力だからと言うつもりはありませんが、もし死球などでケガを負っていれば、今年のペナントレースに致命的なダメージがあったことは間違いありません。ケガ人が出なかったのは結果論に過ぎないと言わざるを得ないですね」(記者)

「せっかくの新人やのに……自信なくして投げられなくなるよ」「これはなんぼ投げさせても一緒」「ピッチングコーチが(試合を止めるよう)言わなあかんよ」

 試合が続行されるたび、そう何度も警告を発していた岡田元監督。結局、試合は途中で打ち切りとなったが、先延ばしさせた首脳陣の判断には最後まで納得が行かない様子だった。

 最速155キロで「久保田2世」と期待されている佐藤投手にとっては、ほろ苦い“プロデビュー”。しかし、先輩たちにケガ人がでなかったのは不幸中の幸いだろう。

阪神・矢野燿大監督「事なかれ主義」浮き彫りに「何してんの、もうええよ!」岡田彰布元監督が大激怒! ルーキー「暴投連発」で大山、近本、梅野ら主力級があわや大怪我も……のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!