NEW

JRA共同通信杯(G3)ディオスバリエンテに「一抹の不安」立ちはだかるは福永祐一!? ドゥラメンテ彷彿に蘇る「苦い思い出」

【この記事のキーワード】,

JRA共同通信杯(G3)ディオスバリエンテに「一抹の不安」立ちはだかるは福永祐一!? ドゥラメンテ彷彿に蘇る「苦い思い出」の画像3

 その後、皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)とクラシック二冠を達成したドゥラメンテだが、その背に跨がっていたのはM.デムーロ騎手。共同通信杯での敗戦をきっかけに乗り変わりとなった石橋騎手が、その後同馬に騎乗することは一度もなかった。

 今回の共同通信杯でも、石橋騎手のディオスバリエンテに大きく立ちはだかるのは、ディープインパクト産駒のシャフリヤール。鞍上はリアルスティールと同じく福永騎手だ。

 2015年を彷彿とさせる、今年の共同通信杯。石橋騎手は、あの時の苦い思い出を払拭することができるのだろうか……。

 ここはクラシックの主戦を確定させるためにも、負けられない一戦。ドゥラメンテの雪辱を果たすような勝利を期待したい。

JRA共同通信杯(G3)ディオスバリエンテに「一抹の不安」立ちはだかるは福永祐一!? ドゥラメンテ彷彿に蘇る「苦い思い出」のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合