NEW

JRAレフトゥバーズ「第2希望」共同通信杯(G3)で激走の予感!? クイーンC(G3)まさかの除外が「牝馬未勝利」「勝率3.6%」の絶望データを吹き飛ばす理由とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRAレフトゥバーズ「第2希望」共同通信杯(G3)で激走の予感!? クイーンC(G3)まさかの除外が「牝馬未勝利」「勝率3.6%」の絶望データを吹き飛ばす理由とはの画像1

 14日、東京競馬場で共同通信杯(G3)が行われる。過去10年の勝ち馬から5頭のG1馬を輩出している出世レースだ。

 出走予定馬は、朝日杯FS(G1)の2着馬ステラヴェローチェ、G1・2勝のアルアインを全兄に持つシャフリヤール、新馬戦で素質馬ボーデンを破ったディオスバリエンテ、無傷の2連勝で百日草特別(1勝クラス)を制したエフフォーリア、皐月賞馬エポカドーロの半弟キングストンボーイなどの豪華メンバー。クラシックを占う意味で重要な一戦となるだろう。

 そんな中、唯一の牝馬として出走するのがレフトゥバーズ(牝3歳、美浦・萩原清厩舎)だ。

 東京マイルの新馬戦を3馬身半差の快勝でデビューを飾ったレフトゥバーズ。上がり3ハロン33秒4の豪脚を披露して、勝ち時計は1分34秒5だった。13日に行われるクイーンC(G3)で1番人気が予想されるアカイトリノムスメが、その翌日に同じ条件で行われた赤松賞(1勝クラス)を同タイムで勝っていることを考えれば、クイーンCに出走すれば勝ち負け必至に思われた。

 しかし、クイーンCは8/11の抽選に漏れて出走が叶わず、登録を行っていた共同通信杯に回ることになった。

 これまでに牝馬で共同通信杯を制した馬はおらず、過去10年で3頭の牝馬が出走して1頭も馬券にすら絡んでいない。このことから、牝馬にとって敷居の高いレースということがわかる。

 また、マイルからの距離延長も割引材料となりそうだ。

●過去10年、共同通信杯の前走距離別成績
(着順、勝率、連対率、複勝率)

同距離  [3-4-1-14/22] 13.6%、31.8%、36.4%
距離短縮 [6-3-8-42/59] 10.2%、15.3%、28.8%
距離延長 [1-3-1-23/28]  3.6%、14.3%、17.9%

 距離延長組は勝率3.6%、複勝率17.9%と苦戦している。同距離、距離延長組と比較すると不振であることが浮き彫りになるため、レフトゥバーズにとって不吉なデータとなりそうだ。さらに今年は出走メンバーの層が厚いため、厳しい戦いを強いられることになるだろう。

 しかし、クイーンCを除外されて、共同通信杯に出走することがプラス材料という意見もある。

JRAレフトゥバーズ「第2希望」共同通信杯(G3)で激走の予感!? クイーンC(G3)まさかの除外が「牝馬未勝利」「勝率3.6%」の絶望データを吹き飛ばす理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!