NEW

JRA【フェブラリーS(G1)展望】最有力カフェファラオ、レッドルゼルらに「不安情報」あり……1番人気7年連続3着以内も今年は大混戦か

JRA【フェブラリーS(G1)展望】最有力カフェファラオ、レッドルゼルらに「不安情報」あり……1番人気7年連続3着以内も今年は大混戦かの画像1
カフェファラオ JBISサーチより

 2021年のG1シリーズ開幕を告げるフェブラリーS(G1)が21日、東京競馬場で開催される。

 近年は1番人気の信頼度が高く、14年のベルシャザール(3着)から昨年のモズアスコット(1着)まで7年連続で3着以内に好走している。混戦模様の今年は、カフェファラオ、レッドルゼル、そしてアルクトスの3頭が1番人気を争う形になりそうだ。

 未知の魅力を感じさせるのはキャリア6戦で臨むカフェファラオ(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)。2走前からコンビを組むC.ルメール騎手の存在も人気を押し上げる要因となりそうだ。

 フェブラリーSがG1に昇格した1997年以降、キャリア6戦以下での出走はカフェファラオが3頭目。13年のカレンブラックヒルは、デビュー5連勝後の天皇賞・秋(G1)で初黒星(5着)を喫し、ダートに初挑戦。1番人気に支持されたが、15着に大敗した。

 もう1頭は16年のモーニンで、前哨戦の根岸S(G3)を制し、6戦5勝でG1初挑戦。2番人気の支持を集めると、好位から抜け出してノンコノユメらを抑え快勝した。

 過去の2頭はともにダートG1初挑戦だったが、カフェファラオは昨年のJDDとチャンピオンズCでG1を経験済み。ただしどちらも着外に敗れている。

 昨年7月のJDDでは同世代相手に1.1倍の断然人気を背負ったが、キックバックに過剰反応するなど、直線ズルズル後退。状態面も万全ではなく、初黒星を喫した。

 その後は10月のシリウスS(G3)で古馬相手に完勝。前走のチャンピオンズCではクリソベリルに次ぐ2番人気に支持されたが、チュウワウィザードから0秒9差の6着に敗れた。

 この敗戦には、元JRA騎手の安藤勝己氏が「現状の力差やと思う。気性面の成長がほしいところやね」と課題を挙げていたが、2か月半ぶりの実戦でその成長が問われることになるだろう。

 11日(木)には、美浦南Wで3頭併せの追い切りを敢行。内に進路を取ったカフェファラオは外レインフロムヘヴンと併入するも中ポンデザールには1馬身遅れた。

 その状態面について、記者は「ここを目標にじっくり乗り込まれ、順調に来ています。2戦2勝のこの舞台(東京マイル)で、前走に比べれば相手関係も落ちるため、勝機は十分にありそう」と高評価。最終追い切り次第で、やや抜けた1番人気に推される可能性もありそうだ。

JRA【フェブラリーS(G1)展望】最有力カフェファラオ、レッドルゼルらに「不安情報」あり……1番人気7年連続3着以内も今年は大混戦かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!