NEW

JRA藤田菜七子「操縦不能」最下位大敗に厳しい声続々……クイーンC(G3)「コントロールが利きませんでした」”レース不参加”レッジャードロ16着

【この記事のキーワード】, ,

JRA藤田菜七子「操縦不能」最下位大敗に厳しい声続々……「コントロールが利きませんでした」クイーンC(G3)「レース不参加」レッジャードロ16着の画像1

 13日、東京競馬場で行われたクイーンC(G3)は、2番人気のアカイトリノムスメが重賞初制覇。母に三冠馬アパパネ、父にディープインパクトを持つ超良血馬がクラシック戦線に堂々の名乗りを挙げた。

 勝った鞍上の戸崎圭太騎手は、今年1月の愛知杯(G3)に次ぐ重賞2勝目。昨年は落馬負傷のリハビリで上半期の大半を戦線離脱していただけに、今年は春から大きな存在感を見せてくれそうだ。

 一方、自身初、そして女性騎手初の芝重賞制覇を期待されたが、ほぼ見せ場を作ることなく最下位16着に大敗したのが、6年目の藤田菜七子騎手だ。

「コントロールが利きませんでしたね……」

 日本競馬で主流となる芝の重賞、そしてクラシックへの道はやはり険しいのだろうか。これまでダートでは重賞を勝っている一方、芝では4着が最高という藤田菜七子騎手にとって、今回騎乗したレッジャードロ(牝3歳、美浦・戸田博文厩舎)は6番人気と、決してチャンスがない馬ではなかった。

 デビュー戦は出遅れながらも、上がり3ハロン2位に1.4秒差をつける”異次元”の末脚で殿一気。レース後には藤田菜七子騎手が「まだ余裕があった」と言えば、順調だったこの中間も「本当にいいスピードを持っている」「東京コースは合うと思う」「この先も楽しみな馬」と景気のいいコメントが続々……。

 藤田菜七子騎手本人はもちろん、周囲の期待も大きく膨らんだ中での重賞挑戦だった。

 しかし、レースではスタートで大きく出遅れると終始最後方のまま、ほぼレースに参加できずに最下位でゴール……。人馬にとって、極めて厳しい結果に終わってしまった。

 無論、この結果にガッカリしたのは応援していたファンも同様だ。レース後にはSNSや掲示板で「故障とかじゃないんだよね……?」「ここまで酷いレースになるとは」と落胆の声が続々……。

 中には「これだから重賞勝てないんだよ」「もう乗り替わってほしい」といった藤田菜七子騎手に対する厳しい声もあった。

JRA藤田菜七子「操縦不能」最下位大敗に厳しい声続々……クイーンC(G3)「コントロールが利きませんでした」”レース不参加”レッジャードロ16着のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技