NEW

JRAノーザンファームもはや「敵なし」!? 最強3歳世代が重賞「18連勝」継続中! 2020年の雪辱果たす「逆襲」のシナリオ

JRAノーザンファームもはや「敵なし」!? 最強3歳世代が重賞「18連勝」継続中! 2020年の雪辱果たす「逆襲」のシナリオの画像1

 13日、東京競馬場で行われたクイーンC(G3)は、ノーザンファームのアカイトリノムスメが優勝。2着アールドヴィーヴルとの接戦を制し、クラシックへと名乗りを上げた。

 その翌日、14日に行われた共同通信杯(G3)も、勝利したのは同じくノーザンファームのエフフォーリア。これでデビューから3連勝となった同馬も、クラシック制覇に向け大きく前進したといえるだろう。

 両レースともに1着から3着までは、全てノーザンファーム生産馬が独占。現在、生産者リーディングでも、2位である社台ファームの「40勝」を大きく突き放し、「86勝」ともはや敵なし状態だ。

 2012年から生産者リーディングのトップに君臨し続けているノーザンファーム。特に今年の3歳世代は好調で、現在重賞で18連勝中と波に乗っている。

■「3歳世代」(2018年生まれ)これまでの重賞勝ち馬
函館2歳S(G3)リンゴアメ
新潟2歳S(G3)ショックアクション
――――――――――――――――――――
札幌2歳S(G3)ソダシ
小倉2歳S(G3)メイケイエール
サウジアラビアRC(G3)ステラヴェローチェ
アルテミスS(G3)ソダシ
京王杯2歳S(G2)モントライゼ
ファンタジーS(G3)メイケイエール
デイリー杯2歳S(G2)レッドベルオーブ
東京スポーツ杯2歳S(G3)ダノンザキッド
京都2歳S(G3)ワンダフルタウン
阪神JF(G1)ソダシ
朝日杯FS(G1)グレナディアガーズ
ホープフルS(G1)ダノンザキッド
シンザン記念(G3)ピクシーナイト
フェアリーS(G3)ファインルージュ
京成杯(G3)グラティアス
きさらぎ賞(G3)ラーゴム
クイーンC(G3)アカイトリノムスメ
共同通信杯(G3)エフフォーリア

 ソダシが勝利した札幌2歳S以降は、全ての勝ち馬がノーザンファームの生産馬だ。

 3歳重賞での成績は【18-12-10-44/84】で、勝率「21.4%」、連対率「35.7%」、複勝率「47.6%」と、出走馬の約半分が馬券圏内に絡むという状況。単勝回収率も「111%」と100%を超えており、馬券を購入するファンにとっても無視できない存在となっている。

 しかし、ノーザンファームはこの勢いをまだまだ止めたくないだろう。それには雪辱を果たせていないという理由がある。

 昨年の3冠レースでノーザンファームは、まさかの「未勝利」に終わった。牡馬三冠はノースヒルズのコントレイル、牝馬三冠は長谷川牧場のデアリングタクトが勝利し、2006年以降「16年ぶり」の屈辱を味わっている。

 それだけではない。NHKマイルC(G1)までも白老ファームのラウダシオンが勝利し、3歳G1全てで敗北を喫しているのだ。

 この連勝は、どこまで続くのか……。クラシックで雪辱を果たすまで、ノーザンファームの「逆襲」は、まだまだ終わりそうにない。

JRAノーザンファームもはや「敵なし」!? 最強3歳世代が重賞「18連勝」継続中! 2020年の雪辱果たす「逆襲」のシナリオのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か