NEW

JRA「ダート王」候補がまさかの回避!? フェブラリーS(G1)にもつながる登竜門「1強」不在で混戦模様も、アノ騎手には嬉しい誤算か

【この記事のキーワード】, ,

JRA「ダート王」候補がまさかの回避!? フェブラリーS(G1)にもつながる登竜門「1強」不在で混戦模様も、アノ騎手には嬉しい誤算かの画像1

 21日、東京9RにヒヤシンスS(L)が行われる。今後のダート界を占う意味で重要な一戦だ。

 6月に行われるユニコーンS(G3)までJRAでダート重賞は行われないため、リステッド競走ながらも注目度は重賞級と言っていいだろう。昨年の勝ち馬カフェファラオは、今年のフェブラリーS(G1)でも上位人気が予想される1頭。今年の勝ち馬も3歳ダート路線を引っ張ることになりそうだ。

 出走メンバーは無敗馬不在の混戦模様。カトレアS(OP)で2着のタケルペガサス、新馬戦は2着に敗れたものの2連勝中と勢いのあるサトノムスタングあたりが人気を集めるだろう。どの馬にもチャンスがあるレースとなりそうだ。

 当初、出走予定で1番人気が濃厚だったレモンポップ(牡3歳、美浦・田中博康厩舎)が登録を行わなかったことが、このような本命不在の事態を引き起こした。

 11月のデビュー戦を3馬身差で飾ったレモンポップ。次走のカトレアSも1馬身半差で制しており、3歳ダートNo.1の最有力候補だった。

 新馬戦の2着馬がサトノムスタングで、カトレアSの2着馬がタケルペガサスと、負かしてきた相手はヒヤシンスSに出走予定の2頭だ。前者は次走の未勝利戦を7馬身差で制し、後者はレモンポップに完敗したが、3着馬には10馬身差をつけている。この内容が評価されてヒヤシンスSで上位人気となりそうだ。だが、ここを勝つことが出来てもレモンポップの評価を上回ることはないだろう。

 カトレアSを制したレモンポップは次走にヒヤシンスSを予定し、3月に行われるUAEダービー(G2)、米国3冠競走にも登録を行っていた。国内を制圧して世界へ羽ばたくことが期待されたが、どうやら予定が狂ったようだ。

「体調が整わないことから、ヒヤシンスSを回避することになったようです。目標を切り替えて調整するようなので、ドバイやアメリカへの遠征は厳しいと思います。残念ではありますが、将来が期待される大器なので無理せず順調にいってほしいですね」(競馬記者)

JRA「ダート王」候補がまさかの回避!? フェブラリーS(G1)にもつながる登竜門「1強」不在で混戦模様も、アノ騎手には嬉しい誤算かの画像2

 レモンポップ陣営にとって大誤算であるが、戸崎圭太騎手はコンビ解消を回避することができた。

 デビューから2戦続けてレモンポップの手綱を取ってきた戸崎騎手だが、20日のサウジCにチュウワウィザードと参戦するため、ヒヤシンスSでの乗り替わりが避けられない状況だった。だが、レモンポップがレースを回避したことで、次走も手綱を取れることになりそうだ。

 昨年のチャンピオンズCで戸崎騎手は乗り替わりのチャンスを活かしてチュウワウィザードを優勝へ導き、サウジアラビア遠征までこぎつけた。また、先日のクイーンC(G3)をアカイトリノムスメで勝利して、牝馬クラシックの強力なパートナーを確保している。

 レモンポップの回避は喜ばしいことではないが、戸崎騎手には流れが向いているのかもしれない。

JRA「ダート王」候補がまさかの回避!? フェブラリーS(G1)にもつながる登竜門「1強」不在で混戦模様も、アノ騎手には嬉しい誤算かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由